星野源が"やっておいて良かった"こと…学生へのメッセージに細野晴臣「全く同じこと、今考えてた」

更新日:

毎週火曜日深夜1時から放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。3月24日の放送では、ゲストに細野晴臣さんが登場し、素敵な雰囲気の放送が話題となりました。


(画像:時事)

■星野、細野に「記念館作りましょう」作るならどこに?

今回の放送は、星野さんが敬愛している細野さんをゲストに迎え、いろいろな話題でトークを展開。

その中で、昨年開催されていた細野さんのデビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」が話題に上がりました。

この記念展について、細野さんは「展示の量の多さにビックリした。『こんな持ってるの?』と思ってね」と率直な感想を吐露。

「捨てないと、こうなっちゃうんだっていう」と、自虐交じりにコメントして星野さんを笑わせました。

また、貴重な展示物について「あれ、今後どうするんだろうな」と疑問に感じている細野さんに、星野さんは「記念館作りましょう」と提案。

続けて星野さんが「どこに欲しいですか? 記念館作るとしたら」と質問すると、細野さんはしばらく考えてから「埼玉かな」と呟きます。

それを聞いた星野さんは「何で埼玉? 埼玉生まれとしては嬉しいですけど」と爆笑。

すると、細野さんは「ジョン・レノンのなんか、あるでしょ? 埼玉でしょ?」と回答し、星野さんも納得。

追加で星野さんが「それいいですね。その横」と嬉しそうに提案し、二人で笑い合いました。

■星野が"やっておいて良かった"こと…学生へのメッセージに細野「全く同じこと、今考えてた」

番組中盤からは、リスナーからの質問に答える形でトークが展開されました。

その中のひとつに「『学生時代にコレやっておいてよかった』という事と『やっておけばよかった』事はありますか?」という質問が。

質問者がまだ学生だったこともあり、細野さんは「これ、責任重大だな」と笑いながらコメント。

星野さんも同意しながら、やっておいてよかった事として「学校の授業出ないで、ギターの練習をしていた。それは今に生きてるな、とは思うんですけど」と自身の体験談を語ります。

それを聞いた細野さんは「参考になるかな? そういうの」とツッコミをいれながらも「全く同じこと、今考えてた」と星野さんの考えに同意。

続けて、自身の大学生活を振り返り「人との出会いかな。同窓だけじゃなくて他の学校の人とかね。いろんな人と知り合ったり」と、いろいろな人や音楽に触れていたことを告白。

今一緒に音楽をしている仲間たちも、この頃に出会っていると明かしました。

また、細野さんは「社会に出ると、それできないじゃん。"唯一許されてる時間"って、勝手に思ってたね」と当時の考えを語り、「でも、勉強したかったね」と本音をポロリ。

すると、星野さんは「僕も同じで、勉強しときゃよかったって、今すごく思っています」と後悔していることを明かし、細野さんがすかさず「それは、付け加えておかなきゃね」と優しくフォローをいれ、笑いが起こりました。

■細野晴臣"記念館"を「ほんとにつくって欲しい!」の声

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「埼玉に細野記念館を是非」「細野さんの記念館!ほんとにつくって欲しい!」「『勉強しておけば良かった』は、年を取れば取るほど思うわ~!」などの声が上がりました。

番組中、細野さんが選曲したという素敵な音楽が流れる場面も。

トークと音楽、また雰囲気に至るまで、二人の関係性が垣間見える大満足の内容だったと感じたリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200325010000
(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.