【ほぼ全文】スタッフ全員号泣の前口上、星野源の素顔知る人物の言葉に「さすがに泣いた」「最高の祝辞」の声!

投稿日:2021/05/26 14:22 更新日:

毎週火曜日深夜1時から放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。5月25日の放送では、星野さんと新垣結衣さんの結婚発表を受けて、"寺ちゃん"としてお馴染みの番組構成作家・寺坂直毅さんが星野さんに贈った"前口上"が話題となりました。

(画像:時事)

■星野、新曲「不思議」への葛藤語る「絶対思われちゃうだろうな」

結婚発表後初となった今回の放送では、結婚についてリスナーからの質問に答えながら、基本的にはいつも通りの「星野源ANN」を行うという展開になっていました。

番組終盤になると、いわゆる"ラブソング"となる新曲「不思議」について、「歌詞を書いてる時に、『これ彼女への曲だと思ってもらうと困るな』ってずっと思ってて。『でも絶対思われちゃうだろうな』みたいな」と正直な思いを告白。

「みんなが"愛"と思っているものを、僕はこういう風に表現します」との考えで曲を作ったと明かし、「(彼女への曲)じゃないという事を、ファンの方には思って頂ければ嬉しい」と語りました。

■【ほぼ全文】スタッフ全員号泣の前口上、星野の素顔知る人物の言葉「そのことが何よりも嬉しい」

また、星野さんのライブなどで曲の説明を行っている寺坂さんが、今回は「不思議」の前口上を担当することに。

星野さんの「どうぞ」という合図の後、寺坂さんは「星野源さん、本当に良かった!」「いつかこういう嬉しいお話をされる時が来るだろうとは思っていましたが、まさかそれが今日になるとは」と、涙ぐみながら心を込めて語り始めました。

寺坂さんは、「思えば、星野さんはいつも、撮影や曲作りでヘトヘトに疲れても、リスナーのメールに励まされ、二時間後には元気を出して、有楽町を笑顔で去って行かれました。しかし、時にはそのレベルを超え、正直に言いますと『辛そうだな』と思った時期もありました」と、多忙な星野さんの様子を告白。

続けて、「エッセイ『いのちの車窓から』でも記された、心が苦しくなって夜の晴海ふ頭を海で一人眺めたお話は、なんとか星野さんを助けてあげたいものだ。私たちもリスナーの皆さんもそう思ったと思います」と、当時の心境を明かします。

その上で、「しかし、これからの未来は違いますね。一人ではなく二人になるのです」と嬉しそうに語る寺坂さん。

「その苦しみは半分に、喜びは二倍になるのではないでしょうか。どんな事もパートナーと二人で考え、乗り越えて行かれるのだ。私たちは、そのことが何よりも嬉しいと思っています」と続け、「不思議」がオンエアされました。

■ファンから「さすがに泣いた」「最高の祝辞」の声!

曲が終わると、星野さんは「寺ちゃん、最高だったよ」と一言。

「(番組の)スタッフ、全員号泣」と明かし、「本当に素晴らしかった、ありがとう」と言葉をかけました。

寺坂さんの言葉を聞き、ネット上では「寺ちゃんの前口上は他のスタッフやファンの気持ちも汲んでくれた最高の祝辞」「仕事を超えた友の言葉だったなぁ」「さすがに泣いた」など感極まったという声が多数。

また、周りのスタッフも号泣していたという事実に、「温かい人間関係は、パーソナリティの人柄があってこそ。本当に嬉しい」「寺ちゃんの前口上にスタッフ全員号泣、なんて幸せな絵」と、星野さんとスタッフとの関係性に嬉しくなったという声も上がりました。

最後に、「特に、僕の仕事の仕方は変わりませんので。これからも何卒よろしくお願いします。温かく見守っていただければ幸いです」と、リスナーに呼びかけた星野さん。

寺坂さんの心のこもった前口上や、星野さんの「僕の仕事の仕方は変わりません」という言葉に、思わず幸せの涙をこぼしてしまったというリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20210526010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.