「これ、いつ思いついたの?」の質問に星野源「あんまりしゃべったことない…」あの名曲は疑問から生まれた!?

投稿日:2020/12/16 14:42 更新日:

毎週火曜日深夜1時から放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。12月15日の放送では、星野さんの楽曲「Pop Virus」の誕生秘話が明かされ、話題となりました。

(画像:時事通信フォト)

■「これ、いつ思いついたの?」の質問に星野「あんまりしゃべったことない…」あの名曲は疑問から生まれた!?


今週の放送では、「弾き語りライブ in いつものラジオブース」を開催。

お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹さんが進行を務め、ベーシストのハマ・オカモトさんと共に、計8曲が生演奏されました。

その中で、「Pop Virus」を披露してくれた星野さん。

星野さんのギターとハマさんのベースが響き合う、いつもとは違う「Pop Virus」に、ネット上では「Pop Virus弾き語りバージョンたまらんかった!」「弾き語りアレンジのこのPop Virus鳥肌立ちまくりだし涙が止まらない」などの声が多数上がっていました。

演奏が終わると、感動した飯尾さんから「これ、いつ思いついたの?」と率直な質問が。

不意の質問に笑ってしまう星野さんですが、「あんまりしゃべった事ないかも」ということで、「Pop Virus」の誕生秘話について語り始めました。

■「1回刻んだ音って、ずーっと長い事残る」星野、「Pop Virus」の誕生を語る

星野さんは、「自分の仕事っていうか…今、僕は何をやっているんだろうと。音楽がずっと好きで、音楽の仕事が出来るのが幸せだし。でも元々の気持ちは何だ? と」と、歌詞を書いていた当時の疑問を告白。

その答えは「音楽が好きだ」だったそうで、「何で好きかっていうと、色んな人の音楽を聴いて、それに伝染して…」「(音楽を好きな人が)作ったものに僕が当てられて、それが音楽のウイルスみたいだなと思ったんですね。すごい、良いウイルスっていうか」と自身の考えを明かします。

さらに、「レコーディングとかライブとかもそうなんですけど、音符を刻み込んでいくみたいな」と、歌詞にある"刻む"という言葉を使った星野さん。

「その1回刻んだ音って、ずーっと長い事残るじゃないですか。それはずっと消えないウイルスで、音楽っていうものが一番最初に生まれた瞬間から、こんなに世界中でいろんなジャンルの音楽に広がってて」「はたまた、違うところから発生したりとか混ざり合って、こうなってるっていうのが面白い世界だなと思って、この歌詞になりました」と語りました

■星野の語る「良いウイルス」にファン「ずっと楽しみ続けたい」

ネット上では、番組を聞いたリスナーから、「Pop Virus誕生秘話聞けて嬉しい!!」「Pop Virusのメロディが大好きで歌詞もほんと好き…」「永遠に残る良いウイルス ずっと楽しみ続けたいなぁ」などの声が上がりました。

素敵な生演奏に包まれ、あっという間に時間が過ぎてしまった今回の放送。

曲の合間に紹介されるファンからのメールや星野さんの言葉も相まって、忘れられない放送となったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20201216010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.