ヒルナンデス卒業の演出がエモすぎる!乃木坂46山下美月に粋な計らいで『サヨナラの意味』トレンド入り

投稿日:2021/01/27 17:54 更新日:

ウッチャンナンチャン・南原清隆さんが総合司会を務め、毎週月曜~金曜に放送されている情報バラエティー番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)。1月27日放送回では、シーズンレギュラーを務めてきた乃木坂46・山下美月さんが卒業の時を迎え、ラストシーンの演出がエモすぎると話題になっています。

(画像:時事)

■乃木坂46初のヒルナンデス!シーズンレギュラー

2020年12月より、シーズンレギュラーを務めてきた山下さん。

シーズンレギュラーは2019年10月に創設された出演枠で、これまでに生見愛瑠さんや山之内すずさん、久間田琳加さんなどが出演してきました。

乃木坂46からの起用は初めてという事もあり、放送開始前には「今から緊張と喜びが入り混じりドキドキしております」「初めてお話をいただいた時は『あの番組に私が!?』と心臓が飛び出そうな気持ちでした」とコメントしていた山下さん。

しかし、実際に放送が始まると、先輩たちからのバトンをしっかりと受け継ぎ、フレッシュな魅力を存分に発揮して活躍。

放送される度に関連ワードがTwitterでトレンド入りするなど、大いに注目を集めました。

■番組からのプレゼントに、山下「めちゃくちゃうれしい」

番組も進み、放送時間も残り3分程となった場面で、南原さんから「2か月間、番組を盛
り上げてくれた美月さん、今日で卒業となります」と改めて紹介され、更に番組からプレゼントが贈られる事となります。

用意された箱を開けると、中には似顔絵師・渡辺孝行さんが乃木坂46をオマージュし、水曜レギュラー陣を「Hirunan46」のメンバー風に描いた似顔絵が。

山下さんは「めちゃくちゃ嬉しいです」と感謝の言葉を述べました。

南原さんから「2か月間いかがでしたか?」と感想を尋ねられると、「ほんとにあっと言う間だったんですけど」と振り返りつつ、「ほんとにお世話になりました」と感謝の一礼。

さらに、「食レポとか苦手だったので、『大丈夫かな』とか思ってたんですけど、やっぱこう、そうそうたるメンバーの皆様が素晴らしい食レポを毎回してらっしゃって、本当に勉強になりました」と総括すると、南原さんは「そう? 邪魔じゃなかった?」と反応し、笑いを誘っていました。

■ヒルナンデス卒業の演出がエモすぎる!山下に粋な計らいで『サヨナラの意味』トレンド入り

阿佐ヶ谷姉妹は、「一緒にロケに行って、カポエラをね、やったのがいい思い出」と振り返り、「これからも、ズッ友だよ」と二人で声を揃え、オードリー・若林正恭さんは「水曜メンバー、おじさんとおばさん多いもんね。フレッシュな魅力でね。ほんと、来週からゾッとしますね」とコメントして笑いを集めていました。

最後はオードリー・春日俊彰さんの川柳「美月くん 2か月ありがと また来てくれよな」で締め括られた卒業回。

ネット上では、山下さんを労う声が多く送られると共に、番組内で乃木坂46の「サヨナラの意味」が流れた事が注目されました。

この楽曲は、"御三家"の一人に数えられる、今でも根強い人気を持つ元メンバー・橋本奈々未さんを象徴する楽曲。

そんな"神曲"の予期せぬ登場に、ネット上では「サヨナラの意味の偉大さ」「サヨナラの意味って文字を見るだけで鼻の奥がツンとなる」「ここでサヨナラの意味流すのはエモすぎる。神!」など絶賛のコメントが次々に上がり、即座に楽曲名がトレンド入りする事態になりました。

番組内では、山下さんがセンターを務める最新曲「僕は僕を好きになる」も流れましたが、実はこの2曲には、ファンの間で"神曲請負人"とも呼ばれる作曲家・杉山勝彦さんが作曲を手掛けたという共通点も。

乃木坂46の未来を担う山下さんに、橋本さんの姿を重ねるかのような「ヒルナンデス!」の演出。そんな粋な計らいに、多くのファンが心動かされたのではないでしょうか。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.