『 #ひらがなけやき 』テレビ初披露でファン涙…!日向坂46佐々木久美「あの時は夢にも思わなかった、この夢の舞台で」

更新日:

10月20日に放送された「うたコン」(NHK総合)に、日向坂46が出演。最新曲「アザトカワイイ」と、けやき坂46時代の楽曲「ひらがなけやき」を披露し、話題を集めました。

(画像:時事)

■「衣装懐かしい!」番組放送前からトレンド入り

放送直前、日向坂46の公式Twitterに、本番を控えたメンバーの写真が掲載されました。

二期生と三期生は、最新曲「アザトカワイイ」の衣装を着ていますが、一期生は胸に緑のワッペンがついた濃い青色の衣装で写っています。

この衣装は彼女たちが2016年に、けやき坂46(ひらがなけやき)として活動を始めたばかりの頃に着用していたもの。

当時、けやき坂46初の単独楽曲である「ひらがなけやき」を披露するときは、この衣装でパフォーマンスするのがお決まりでした。

これを見て、「衣装懐かしい!」「この衣装でひらがなけやきはエモすぎる」「制服だけで泣きそう」「正直、またこの衣装でひらがなけやきを歌う姿を観れるとは思ってなかった」と、当時を思い出して懐かしむファンが続出。

まだ番組開始前であるにもかかわらず、「#ひらがなけやき」がTwitterでトレンド入りしました。

■佐々木「あの時は夢にも思わなかった、この夢の舞台で」

番組が始まり、日向坂46のこれまでの歩みを紹介するVTRが流れます。

もともとは欅坂46のアンダーグループとして結成された、けやき坂46。

表舞台に立つ機会はほぼなく、自分たちはどういうグループなのか、どこを目指せばいいのか、わからなくなったこともあったとか。

そんなときに心をひとつにした曲が、この「ひらがなけやき」だったといいます。彼女たちの原点であるこの楽曲を今回、一期生メンバー9名でテレビ初披露するとのこと。

VTRが終わり、MCの谷原章介さんに意気込みを聞かれたキャプテンの佐々木久美さんは「この『ひらがなけやき』という曲は、私たちがアイドルになって初めていただいた曲で、これまでも、これからも、ずっと何にも変えられない、とっても大切な曲なんですね」とコメント。

「この曲を歌うと、本当に、夢に向かって一緒に走ってきた仲間との色々な思い出が、もう全部、蘇ってくるんですけれども、今日、私たちは、あの時は夢にも思わなかった、この夢の舞台で、あの、その曲を一期生の9人で歌わせていただきます」と、当時は考えもしなかったであろう、テレビのゴールデンタイムで楽曲を披露できるようになったことへの喜びを語りました。

■『ひらがなけやき』テレビ初披露でファン涙…!

佐々木さんの「それでは、聞いてください。私たちの始まりの曲で『ひらがなけやき』」という言葉に続いて、曲が始まりました。

フォーメーションは、卒業した3名以外は当時と同じ。

笑顔で明るくパフォーマンスするものの、当時を思い出したのか、加藤史帆さんや佐々木久美さんを始めとする多くのメンバーの目が潤んでいきます。

ネット上では、「めちゃくちゃ心に沁みる」「メンバーの涙目な表情がよく見れてこっちまで感動」「鳥肌止まらなかった。泣けた」「色々な思いがこもってたんだろうなぁ…」と、メンバーのパフォーマンスや表情に涙する、多くのファンの声が。

また、「柿崎芽実ちゃん、長濱ねるちゃん、井口眞緒ちゃんがいたような気がする!」「ねるめみいぐちの3人がいたらもっと最高だったな」と、グループを卒業した3人に想いを馳せるファンの声も見受けられました。

パフォーマンスを終え、感想を聞かれた佐々木さんは「本当に、感極まってしまって…本当に、こんな素敵な機会をいただけてとても嬉しいです。ありがとうございます」と涙声で挨拶。

放送終了後、ネット上では「素敵な時間をありがとう」「最高かよ」「涙止まりませんやん…お疲れ様でした」と、感動の声が溢れました。

今回の出演は、けやき坂46時代から応援し続けているファンにとって、非常に感慨深いものとなったようです。

当時、ほとんどメディアに出ていなかったけやき坂46が、テレビのゴールデンタイムで思い出の曲を披露できるまでに成長した姿を観て、感極まったファンは多いのではないでしょうか。

(文:アイドル担当ライター みなみぱん)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.