原田知世「すごくあったかい現場でした」映画『時をかける少女』大林宣彦監督との思い出を語る

更新日:

10月24日放送の「サワコの朝」(MBS・TBS系)では、女優で歌手の原田知世さんがゲストで登場。大林宣彦監督との思い出を語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■原田が「サワコの朝」に登場

原田さんというと、2年前に放送された連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)で、佐藤健さんの母親役を演じ、話題を集めました。

そのことについて阿川佐和子さんが、「お母さん役っていうのはどうでした?」と質問。

すると、原田さんは「私には子どもがいないんですけど。私、姉が2つ上にいるんですけど、姉の子どもたちをずっと一緒に見てるので」とコメント。

続けて、「子どもにはなんか、すごく触れてきてるというのがあるので…。お母さんの役も 割と自然に、なんか入っていけたかなっていう気はします」と、姉・原田貴和子さんの子ども達を見てきたこともあり、母親役も自然に演じることができたことを明かします。

■「時をかける少女」制作の裏話

原田さんは、俳優の真田広之さんに憧れて受けた角川映画のオーディションで特別賞を受けて芸能界に入り、その後、大林監督の映画「時をかける少女」(1983年)でヒロインを演じ、人気を集めることになります。

そのことについて阿川さんは、大林監督と製作の角川春樹さんの対談を引用。

角川さんが原田さんにぞっこんだったそうで、特別賞与えたといいます。

「この子を使って映画を作ってっていうのが、実はもうこんな育ちのいいお嬢ちゃんをこの業界の中に置いとくのはかわいそうすぎるから…。引退のプレゼントに、主演にする映画を1本作ってくれって言って、『時をかける少女』が出来たってのはほんとですか?」と、映画制作の裏話について質問。

すると、原田さんは「私もそれ、知らなかったんですね。大人になってから、大林監督に実はあの映画は角川さんがこれ1本作って、大林さんも私が歳を取って、おばあちゃんになった時にこの作品を家でゆっくりね、1人で鑑賞できるように…。なんかそういう感じで作ろうみたいなお気持ちもあったっていうのを聞いて」とコメント。

続けて、角川さんが個人的に映画の制作費をバックアップしてくれたことに触れ、「あの角川映画の中でも特別な作品だっていうことを大人になって聞いて、もうビックリしました」と映画制作の裏話を明かします。

■原田「すごくあったかい現場でした」映画『時をかける少女』大林監督との思い出を語る

また、今年亡くなった大林監督について尋ねられた原田さんは、「大林監督が、すごく温かく映画の世界に、そうですね、扉を開けてくださって。デビューが大林監督の作品だったから、私…なんていうのかな、映画が好きになったし、なんていうのかな、いつも不安な部分を全部取り除いてくださる監督だと思いますね」とコメント。

続けて、阿川さんが「じゃ、厳しく『駄目だ、それじゃ!』とか言うような」と問いかけると、原田さんは「できるのかなって思うことも、色んな言葉を魔法の言葉をかけてくれるというか、なんかこう自信をつけてくださるんですよね、大丈夫だよって。なんか、すごくあったかい現場でした」と、大林監督の優しい人柄に助けられたことを明かします。

また、原田さんは「現場全体が、なんかもう大林組って、みんなこう、ほとんどスタッフ同じ方たちと、家族のようなファミリーみたいな感じで撮影をされる現場だったので…。私はそこに入れてもらったっていう感覚ですね」と話し、映画撮影時の思い出を回顧しました。

今回の放送にはネット上で、「『時をかける少女』角川春樹さんの『未完成なものの美しさが際立って表せた映画』という表現の説得力。当時もこんな感じの女優さんは他にはいなかった」「原田知世さんが大林宣彦監督の『時をかける少女』の時のお話をされてます」「素敵だなぁ、素敵だなぁと何度も思う。年齢を重ねたことを『十分に歩いてきました』という言葉選びも、とても好き。美しさって一つじゃない」などのコメントが上がっています。

原田さんが大林監督の温かい人柄に助けられたという話に、人との出会いの大切さを感じられたのではないでしょうか。

【番組情報】
サワコの朝
https://tver.jp/episode/78194335

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.