金爆・歌広場淳「楽器以外は何でも出来るんだな」喜矢武豊編集の『スッキリ』特別版MVを絶賛!

更新日:

6月17日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)では、ゴールデンボンバーが4人揃って出演。自粛期間中にしていたことを話し、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■喜矢武が自粛期間中に練習していたこととは?

今回は、ゴールデンボンバーが自粛後初めてとなる4人揃ってリモート生出演。

そんなゴールデンボンバーのメンバーに、ハリセンボン・近藤春菜さんが、自粛期間中に何をしていたか質問。

鬼龍院翔さんは、リモート出演が多くなったこともあり、化粧しているように見えるメガネを開発したことを明かします。

続いて、歌広場淳さんは、大好きな宝塚歌劇のDVDをパンフレット持ちながら鑑賞して、劇場気分を味わっていたとのこと。

また、樽美酒研二さんは、手元にマスクが無くなったこともあり、ミシンを使って手作りマスクを製作するなど、裁縫にハマっているとコメント。

そして、喜矢武豊さんは暇だったこともあり、バイオリンの練習をしていたことを明かします。

極楽とんぼ・加藤浩次さんに弾くよう促された喜矢武さんは、「情熱大陸」のテーマ曲を披露。

練習の成果を発揮するはずでしたが、結果は微妙な演奏に。加藤さんは「よく、いきますってやったな!」、春菜さんからは「こんなに情熱感じないとは思わなかったですよ」と手厳しいツッコミを入れられていました。

■歌広場「楽器以外は何でも出来るんだな」喜矢武編集の『スッキリ』特別版MVを絶賛!

ゴールデンボンバーというと、自粛期間中に鬼龍院さんが作詞・作曲をして、喜矢武さんがいらすとやの素材を使って制作した新曲「バブルはよかった」のMVが話題を集めました。

「バブルはよかった」のMVがいつ発表されるか知らなかった樽美酒さんは、「ファンの方のSNSの書き込みで知りました」とコメント。

また、鬼龍院さんからの喜矢武さんは「今までMVとか作ったことなかったのに、鬼龍院さんからいきなり連絡が来て、『いらすとや』さんの素材を使ってMV作ってくれと。全体の構成とか何も知らされず全部丸投げでで」と、鬼龍院さんの無茶振りでMVを制作することになった経緯を説明します。

喜矢武さんはMVの制作の経験は無いものの、ライブで使用する動画の制作を行うなど、編集の知識はあったとのこと。

そんな喜矢武さんが「スッキリ」のために、加藤さん、春菜さん、水卜麻美アナウンサーら「スッキリ」のメンバーが登場する特別バージョンの「バブルはよかった」のMVを制作。

「スッキリ」の出演者にも好評だった特別バージョンのMVを見た樽美酒さんは、「喜矢武さん、いい仕事しているね」と絶賛。

また、歌広場さんは「うちの喜矢武は楽器以外は何でも出来るんだなと思いました」と話すと、喜矢武さんは「楽器だけね…」と自虐していました。

今回の放送にはネット上で、「歌広場淳いいこと言うなぁ バイオリンひけるのにね いつでも徹底してる愛らしい喜矢武豊のエアー魂パフォーマンス」「本職以外のMVで褒められる喜矢武豊さんお約束口をスッキリさん、いつもありがとうございます」「久々4人でのTV出演。4人が揃うと画面がパッと明るくなる感じがして元気出る!」などのコメントが上がっています。

微妙なバイオリン演奏の後に、クオリティの高いMVで魅せる喜矢武さんが最高だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.