「第7世代のサイドカーに乗っている」アインシュタインを松本人志が秀逸に表現!?パンサー向井の分析に爆笑

更新日:

ダウンタウンがMCを務める「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)。10月1日の放送では、「僕たち売れさせて頂いてます芸人!」として、お笑い芸人の陣内智則さん、ずん・飯尾和樹さん、アインシュタイン、霜降り明星、パンサーらが登場。普段は言えない、互いを褒める&けなすトークが繰り広げられました。

(画像:時事)

■「第7世代のサイドカーに乗っている」アインシュタインを松本が秀逸に表現!?向井の分析に爆笑

番組では、芸人同士が褒めたり、けなしたりするコーナーへ。

アインシュタインについて話す場面では、陣内さんが「良いバランス」、飯尾さんは稲田直樹さんを「人類のブサイクのストライクゾーンを広げた」などと褒めます。

そんな中、パンサー・向井慧さんは、アインシュタインが第7世代に入っていることを指摘。

というのも、向井さんと稲田さんが同期、パンサー・菅良太郎さんとアインシュタイン・河井ゆずるさんが同期で、河井さんに関しては年齢が40歳なのだそう。

にも関わらずアインシュタインは、20代の芸人が多く集まる第7世代の中に入っており、さらに、第7世代じゃないみたいな顔も上手くするのだとか。

このことを「で、第7ブームがいつ終わっても、自分は関係ない感じのスタンス…」と言って、もはや褒めるというよりは、イジる向井さん。

すると、これを松本人志さんは「第7世代のサイドカーに乗っている」と表現。スタジオからは笑いが起こりました。

■尾形「うちの向井の方が絶対に男前」

その後、今度はアインシュタインをけなすトークとして、まず霜降り明星・粗品さんがエピソードトークの収集に熱心な河井さんをイジリます。

次に、パンサー・尾形貴弘さんも河井さんに焦点を絞り、「そんなね、みんなが言うほど男前じゃないと思います」「稲ちゃんの隣にいるから男前に見えるんですよ」と主張。

さらに、「これで言いましたら、うちの向井の方が絶対に男前だと思うんですよ。言ったら、河井がパンサー向井の位置にいたら、絶対男前って言われないからね」とも言い切ります。

そして、「僕ら結構シュッとしてるんで…ワイルドとクールでやってるんで」とアピール。

菅さんがワイルド、尾形さんがクールという、世間にはあまり浸透していないと思われるイメージですが、そんな尾形さんらしい補足も加わりました。

■尾形の暴走に松本「頼む、決めといてくれ」

尾形さんに対し、河井さんは「いや、男前ぶってるんじゃなくて、有難いことに芸人と言う小さいくくりの中では、ちょっとマシやなって言ってもらってるだけで、そんな僕が男前でしょっていうスタンスではやってないですよ」と反論します。

すると、「じゃあそれパーマですよね!? 何でパーマかけたんですか? 坊主にすればいいじゃん、じゃぁ」と、河井さんの髪型について迫る尾形さん。

ものすごい勢いの尾形さんに、河井さんは「いやっ」と言い返そうとしますが、現場の空気を察して苦笑い。

この状況に浜田雅功さんが「これは、ヤバい…」とぼやき、松本さんは尾形さんに「頼む、決めといてくれ」とコメント。

落としどころがわからない尾形さんの物言いに対して、松本さんからのガチなお願いが入ると、スタジオからは笑いが起きました。

ネット上では、「アインシュタインさんは第7世代のサイドカーに乗っていつでも降りられる状態にしてるwww」「ゆずるさんがいい感じにイジられててめちゃくちゃ面白い」「稲ちゃんはもちろんゆずるさんもフューチャーされてて嬉しいな~」などと反応があがっていました。

普段は、どちらかというと稲田さんにフォーカスが当たることが多い中、今回の放送では、河井さんも沢山いじられており、嬉しかったファンも多かったのではないでしょうか。

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.