ディーン・フジオカの"正しい使い方"が最高すぎる…『シャーロック』船の上で仁王立ちシーンに歓声

更新日:

10月7日に、ディーン・フジオカさんが主演を務める「シャーロック:アントールド・ストーリーズ」(フジテレビ系)の第1話が放送されました。第1話では、ディーンさんが主演を務めた「モンテ・クリスト伯 ー華麗なる復讐ー」(フジテレビ系)を彷彿させるシーンがあり、話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

「シャーロック」第1話のあらすじ

頭脳明晰な犯罪捜査専門のコンサルタント・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に依頼され、難事件の捜査に協力していました。

都内にある病院の中庭で、消化器内科医・赤羽栄光(中尾明慶)が遺体となって発見され、獅子雄は江藤らと共に捜査を開始。

すると、赤羽と同期でこの病院に勤務する精神科医、若宮潤一(岩田剛典)の名前が捜査線上に浮上します。若宮を事件の重要人物と睨んだ獅子雄は、執拗に彼と接触を図ろうとしますが…。

新鮮なホームズとワトソンの関係性に注目

名探偵・ホームズと医師・ワトソンが難事件を解決に導く、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズ。それを現代の東京を舞台に映像化したのが「シャーロック:アントールド・ストーリーズ」です。

ドラマでは原作のシャーロック・ホームズにあたる誉獅子雄をディーン・フジオカさん、ジョン・ワトソンにあたる若宮潤一を岩田剛典さん、レストレード警部にあたる江藤礼二を佐々木蔵之介さんがそれぞれ演じています。

「シャーロック・ホームズ」を原作としている本作ですが、変更点も多く見受けられます。特に、原作では軍医だったワトソンですが、現代の東京という設定にリアリティを持たせるため、若宮は精神科医に変更されています。

また、原作ではワトソンの方がホームズよりも年上で、下宿先を探していたところ友人にホームズを紹介される形で共同生活を始めるようになります。

しかし、ドラマでは獅子雄の方が年上で、若宮の部屋の方に押しかける、という原作とは逆パターンになっているところが面白いですね。

他にも、原作でホームズに協力するベイカー街遊撃隊という少年たちが登場しますが、ドラマではレオ(ゆうたろう)という少年が似たポジションを務めます。

レオは獅子雄の協力者であり、諜報係として活動します。ターゲットを尾行する際は、江戸川コナンのようにスケボーに乗るシーンも。

モンクリをオマージュ?ディーン・フジオカ、船の上で仁王立ち

ドラマ第1話では、医師の謎めいた死を解決する過程の中で、獅子雄と若宮のバディ誕生が丁寧に描かれるのが見どころのひとつ。

さらに、一部ファンにとって大きな見せ場とも言えるのが、若宮のピンチを助けるために、獅子雄が船の上で仁王立ちして現れる場面。

この時、獅子雄は変装のためサングラスと付け髭を着用しており、いざ助けに、というシーンで、そのサングラスと付け髭を勢いよく取り外すというものでした。

これは、ディーンさんが主演した「モンテ・クリスト伯 ー華麗なる復讐ー」へのオマージュとも取れ、SNS上で話題になりました。

ディーン・フジオカの"正しい使い方"が最高すぎると話題

ネットでは、「つっこまれる変装の髭。『盛り上がるだろ』が、単に自分の気分だけじゃなく『モンテ・クリスト伯』を思い出すだろって視聴者に向けたメッセージにも響いたの最高」「髭面で仁王立ちで小型ボートに乗るおディーン様笑うわw」「最初の仁王立ちといい、クルーザーを操縦してるシーンといいwww モンクリをオマージュしてるスタッフさん、最高ですwww」「最高すぎてな。ディーン様の正しい使い方はこれよってなる」などの歓声が上がっていました。

ディーンさんが船の上で仁王立ちしながら助けにやってくるという、一見バカバカしく見えてしまいそうなシーンでも、かっこよく見せてしまうスタッフに、"わかってる"と感心した人は多かったようですね。

このドラマは番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0040635

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.