NHK朝ドラ「エール」に志村けんさん登場。涙ぐむ近江アナを博多華丸・大吉がフォロー…優しさに感動の声

更新日:

5月1日放送の「あさイチ」(NHK総合)では、その直前に放送された連続テレビ小説「エール」(NHK総合)で志村けんさんが登場したことで、近江友里恵アナウンサーが涙ぐむ姿が話題を集めました。

(画像:時事)

■NHK朝ドラ「エール」に志村けんさん登場

窪田正孝さん主演の「エール」。5月1日放送の第5週・第25回に、3月29日に亡くなった志村さんが登場。

志村さんが演じる小山田耕三は、「からたちの花」「赤とんぼ」「待ちぼうけ」などの名曲で知られる、作曲家・山田耕筰をモデルにした人物。

志村さんが初めてドラマに登場するのに合わせて、オープニングのタイトルバックで、「志村けんさんは3月にお亡くなりになりました 謹んで哀悼の意を表します」と、追悼テロップが流れました。

また、「エール」の主題歌「星影のエール」を歌うGReeeeNも、Twitterにメッセージを寄せています。

■涙ぐむ近江アナを博多華丸・大吉がフォロー

朝ドラの直後に生放送される朝の情報番組「あさイチ」では、朝ドラの内容を受けて出演者が盛り上がる、恒例の"朝ドラ受け"が。

今回は志村さんが登場したこともあり、近江アナウンサーは「ちょっとビックリしちゃいましたね、最後……」と涙ぐみます。

すると、博多華丸・大吉の博多華丸さんは、「あの名曲、『東村山音頭』を作られた方が」と、ザ・ドリフターズの「志村けんの全員集合 東村山音頭」の名前を出してボケると、近江アナも思わず大笑い。

また、相方の博多大吉さんは「多分違いますよ、そこはリンクしてこないですよ。待っても待っても『イッチョメイッチョメ』は言わないと思います」と絶妙なツッコミ。

続けて、大吉さんが「重い……重い感じありましたね」と志村さんの演技を語ると、近江アナは「かっこよかったですね」と相槌を打ちます。

しかし、博多華丸・大吉の2人がリモート出演なため、近江アナは「1人しかいないので寂しいんですけど、スタジオ。こんな時に華大さんがいない……。誰かと思いをシェアしたいのに、1人ぼっちで寂しいんですけどね。本当にもうみんな……」と本音を吐露しました。

■博多華丸・大吉の優しさに感動の声

涙目の近江アナを笑わせてフォローする博多華丸・大吉の2人には、「歌に感動し志村けんさんに揺らぎ涙がこぼれた。そこに近江アナの涙目…。華大さんが笑わせてくれて良かった。流石芸人さん」「近江アナが涙ぐみながらフォローする華丸大吉さんたちも温かくて私もウルっときました」「すかさず優しく笑いを入れてフォローする華大さん。華丸さんは特に優しさに満ち溢れてる人だ本当。先生も優しいけど」などのコメントが上がっています。

涙ぐむ近江アナを笑わせてフォローしたのは、博多華丸・大吉の2人の優しさを感じられたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.