伊藤あさひが印象に残っているのは「神尾楓珠のバックハグ」!青木源太アナ、伊藤と神尾を"ガン見"インタビュー

更新日:

6月10日放送の「バゲット」(日本テレビ系)では、映画「私がモテてどうすんだ」(7月10日公開)で共演した神尾楓珠さんと伊藤あさひさんがゲスト出演。伊藤さんは劇中で印象的だったシーンを語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■青木アナ、伊藤と神尾を"ガン見"インタビュー

番組オープニング、青木源太アナウンサーは、「尾崎さん、私の左前方にとんでもないイケメン2人いるんですけど、紹介してください」と振ります。

尾崎里紗アナウンサーは、今回のゲスト・神尾さんと伊藤さんを紹介。

続けて、尾崎アナが「青木さんの視線痛くないですか?」と聞くと、神尾さんは「結構圧がすごいです!」とコメント。

また、尾崎アナが「青木さんの眼圧がすごいですね」と話しかけると、神尾さんは「まだ見てるんですよ」とガン見されて困惑しつつも、青木アナのお茶目な仕草に笑みを浮かべます。

■伊藤が印象に残っているのは「神尾のバックハグ」!

映画を観てキュンキュンしたという尾崎アナが、伊藤さんに特に印象に残っているシーンを尋ねます。

伊藤さんは、「神尾くんにバックハグされるシーンはちょっとキュンキュンしましたね」と回答。

2人のバックハグのシーンの映像を紹介すると、青木アナは「どういうことを意識してバックハグはされたんですか?」と質問。

すると、神尾さんは「彼女だと思って」と即答。映画では神尾さん、伊藤さんに加えて、吉野北人さん、奥野壮さんの4人のイケメン俳優が登場。

そのことを踏まえて青木アナは、「同世代でこれだけ集まって撮影されていたら、現場も楽しかったんじゃないですか?」と聞くと、2人は声を揃えて「むちゃくちゃ楽しかった」とコメント。

また、青木アナが撮影現場ではどんなことを話していたのか尋ねると、伊藤さんは「楽屋で本当にたわいもない話から、ゲームしたりとか。それも多分映画に反映されてるんじゃないかな」と、現場の良い雰囲気が映画にも反映されていることを明かします。

青木アナは、「ギャグ&ダンス&歌がてんこ盛り。イケメン同士の〇〇シーンもあり、妄想が大好きな日本中の女子の願望と共感を120%満たし、笑いと興奮で燃え上がらせる」と映画をアピールして、2人へのインタビューを締めくくります。

今回の放送にはネット上で、「青木アナ、腐男子なのかい?そうなのかい?芸の幅が広すぎよ?」「青木アナ、イケメンへの眼差しが真剣すぎて草」「神尾楓珠くんと伊藤あさひくんの生出演とても楽しかったです。ありがとうございました」などのコメントが上がっています。

神尾さんと伊藤さんをガン見する青木アナが面白かったと感じた方が多かったようです。また、映画の撮影秘話も興味深ったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.