東野幸治の深すぎる『仕事論』が話題!「お笑いやっているという気もない」達観した価値観に驚きの声

更新日:

12月28日(土)、「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(テレビ東京)の1時間SPに出演した、東野幸治さんの仕事論が深いと話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

東野の深すぎる『仕事論』が話題!「お笑いやっているという気もない」

40代に入って仕事に対する心境の変化があったという東野さん。若林正恭さんが、具体的に何があったのか質問します。

東野さんはある時、スタジオで自分が笑っている姿をモニターで見た時、「すごい気色悪かった。本心で笑っている顔がすごい醜い」と感じたのだそう。

自分の笑い顔にショックを受けた東野さんは、「こんなんあかんなと思って。タレントとして大人のタレントにならないといけない思った」と胸の内を明かしました。

続けて東野さんは、島田紳助さんの教えとして、「20代で100面白いこと考えてたらいい。30代になったら80面白いことで残りの20は人が納得する喋らなあかん。これが40代になったら50:50になり、50代になったら20:80になり、60代になった0:100でいいくらい。20代のお笑いの人に面白いことは任せた方がいい。仕事とはそういうもんやで」という言葉を紹介。

若林さんは、「めちゃくちゃな笑いやりたくなりませんか?」と尋ねますが、東野さんは「やりたいけど、そんなんやらしてくれるところも無いし」とコメント。

また、「こんなこと話すと、どんどん若いお笑いの人が夢なくすから言いたくないだけ。俺もお笑いやっているという気もないし、テレビに映っているフロアディレクターの気持ちでテレビに出ている」と、達観した価値観を語っていました。

東野の達観した価値観に驚きの声

春日俊彰さんは、自分を抑えて仕事に徹することにストレスを感じないかと質問。

東野さんは、「我慢強いから意外とストレスなくやっている。そんな中でも自分が楽しめるところ作ったりしつつ、なんとなくスタッフに愛されたい」と答えます。

続けて、「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演した時に、「ゴシップ大好きお兄さん」みたいに紹介されたことを回顧。

東野さん自身はそんなにゴシップが好きなわけではないそうですが、「スタッフがそれを望むなら。あんなんはほんま仕事としてやってるから」と、そういうキャラクターに徹していることを明かします。

この言葉を聞いた若林さんも「確かにフロアDですね、脳みその中は……」と納得していました。

東野さんのこの仕事論には、ネット上で、「結構深いし、ためになるwwwんで横から若林とシェリーのこのトーク全部おもろいwテレビで面白いと思ったの久しぶり!」「非常に興味深い話だ」「東野の仕事論は凄かった。ゴリゴリのテレビの裏の話だったけどテレビ好きでも興味深くて面白かったし、膝を打ったのが『才能ある人に愛されたい』」などのコメントが上がっています。

求められたらそのキャラクターに徹するという東野さんの達観した考え方は、興味深かったのではないでしょうか。

https://tver.jp/corner/f0044476

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.