没入型オンラインサスペンス「泊まれる演劇 In Your Room」新作『ROOM 102』公演決定

更新日:

「HOTEL SHE, KYOTO」で実施予定だった参加型演劇イベント『泊まれる演劇』がオンラインに場所を移行して実施。5月初旬の公演が人気完売のため、6月に第二弾となる新作の公演が決定しました。

『泊まれる演劇 In Your Room』新作が6月に上演決定

京都にあるホテル「HOTEL SHE, KYOTO」は、建物全体を舞台に、宿泊客自身が物語の一役として真夜中のホテルを彷徨い歩く参加型演劇イベント『泊まれる演劇』を企画。6月に初演を迎える予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、無期限の延期となりました。

延期発表に伴い、新たに作品の舞台をオンラインに移したイマーシブコンテンツ『泊まれる演劇 In Your Room』を制作。自宅のパソコン・スマートフォンから、安心して演劇を鑑賞できる作品を5月のゴールデンウィークに上演しました。

(詳細)https://note.com/tomareru_engeki

前作のチケット480枚はわずか1時間足らずで完売。体験者からも好評の声が寄せられ、新作を6月に上演することを発表しました。脚本・演出は前作に続き、SCRAP所属のきださおりさんとミステリー作家の木下半太さんが担当します。

開催概要

・公演名:泊まれる演劇 In Your Room 『ROOM 102』
・公演日時:6月24日(水)〜29日(月)19:00〜 / 21:00〜 / 23:00〜 / 25:00〜
・人数:各回最大25名まで
・参加料金:3,800円(税込)他
・チケット予約:5月23日(土)22時より先着販売予定
・企画・運営:HOTEL SHE, KYOTO

「泊まれる演劇 In Your Room」とは

同公演の座席は自宅のパソコンやスマートフォン。ホテル客室からの中継やフロアに仕掛けられた監視カメラの映像を組み合わせながら、インタラクティブに物語は進んでいきます。ライブ中継がおこなわれるそれぞれの客室では、キャストが参加者に話しかけてきたり、質問を投げかけてきます。

前作『ROOM 101』では登場人物との会話や、謎の招待状を手掛かりにして、物語の真相に近づいていく没入型サスペンスを上演しました。新作『ROOM 102』では前作以上の没入性 / サスペンス性を追求し、全く新しい演目を制作します。

▲前作の様子。実際に自宅に招待状が郵送された。


▲前作の様子。チケット購入時に登録した電話番号に、劇中に登場人物から着信があった。

開封厳禁の「秘密の案内状」、ギフト付きの限定タイプも

チケットを購入すると、物語の舞台であるホテルから自宅に届けられる「秘密の案内状」。封筒に入った状態で郵送され、公演がスタートするまで一切の開封は厳禁となります。

さらに今作では、『あなたの部屋からホテルにチェックインするような体験』をより一層楽しむための「ギフト付き案内状」を各回限定5枠で販売します。ギフト内容は届いてからのお楽しみとなります。

作品の性質上、一人1公演のみの参加を推奨しています。

<チケットタイプ>
・秘密の案内状:3,800円(税込)
・ギフト付き案内状(秘密の案内状+ギフト):6,000円(税込)※各回限定5枠
※ギフト付き案内状の「秘密の案内状」は一般タイプと同様になります。

ホテルにチェックインするようなワクワク感を

今作の体験コンセプトは「旅」。

主催者であるHOTEL SHE, KYOTOは同公演を通して、「旅に出ることが困難なこの時代に、少しでもホテルにチェックインする時のワクワク感や非日常性を感じてもらえれば」と考えています。

なお、稽古はキャストの自宅などで完全リモートで実施し、本番および最終リハーサルのみHOTELSHE, KYOTOでおこなわれる予定ですが、状況によっては本番公演も同様にキャスト自宅からの配信となる場合もあります。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.