サカナクション山口一郎も「めっちゃかっこいい」と絶賛!NEWS増田貴久が語る"アイドル論"とは

投稿日:2020/11/25 14:15 更新日:

11月24日放送の「"シュガー&シュガー"サカナクションの音楽実験番組」(NHK Eテレ)では、先週に引き続き、NEWS・増田貴久さんがトークゲストとして登場。増田さんが語るアイドル論が話題を集めました。

■山口、幻の楽曲の存在を明かす

サカナクション・山口一郎さんは、「1度さ、アマチュア時代にNEWSの曲書かないかって話あったの知ってる?」と増田さんに問いかけます。

知らなかった話に増田さんが「えっ!?」驚くと、山口さんは「書いたのよ。書いて、コンペ残ってたの」と、コンペで良いところまで行ったとのこと。

この話を聞いた増田さんが、「歌ってないですよね俺ら」と伝えると、山口さんは「どこまで残ってか知らないけど、結構良いとこまで残ってますと。僕、当時、アルバイトとして、もう電気止まるわ、ガス止まるわ、ギリギリの生活してた時で、NEWSに曲書けたら貧困から脱出できるみたいなって思ってたわけ」と、NEWSに楽曲提供できるのは絶好のチャンスと捉えていたことを明かします。

続けて、「なんとか選ばれてくれって思ったら、リリース無くなったの」と、ほろ苦い結末が待っていたとのこと。

なお、山口さんはその曲は未だに覚えていて、ギターで弾けるとのこと。

さらに山口さんは、「僕、SMAPさんとかにも曲書いたりしたけど、ジャニーズに曲を作るってことって、なんか僕らミュージシャンからしても、すごいスペシャルなことなんだよね」とコメント。

その理由について、「自分たちで国民的なものを作るっていうことの機会って、自分たちでしか作れないけど、ジャニーズに曲を作る時点で、自分の曲が国民的に聴いてもらえるチャンスを得れる。それで、自分を試せるって言うかさ、そう言うチャンスではあるから」と語りました。

■山口も「めっちゃかっこいい」と絶賛!増田が語る"アイドル論"とは

話題が変わり、山口さんは「アイドルって何? 教えて」と質問。

増田さんは、「多分、ジャンルっていうか、振り幅がめちゃめちゃあると思うんすよ…。元々のアイドルって多分、もっとこう、非現実的と言うか、リアルなじゃない感じな意味だったと思うんすけど、僕が僕でジャニーズっすみたいなのを俺はアイドルだと思ってますけど」と、自身が考えるアイドル論を明かします。

続けて、「アイドルっていうくくりで、みんなアイドルでしょみたいな、逆に言われると、俺は何わかってんの、みたいに俺は…。俺はアイドルですよ、僕はアイドル、増田貴久はアイドルだけど、例えばアイドルグループ、君も君もアイドルでしょっていう中に入れられたら、お前アイドルの何わかってんのって」とコメント。

そのことを踏まえて、「アイドルっていう言葉をちょっと下に見てると言うか、それだったら俺は『ハッ!?』ってなりますけど、でも、俺は自分が自分で俺がアイドルだみたいな、生き方みたいな」と話すと、山口さんは笑みを浮かべ「めっちゃかっこいい」と増田さんを絶賛。

また、増田さんが「もちろん、プライベートから全部、100%、増田貴久が100%アイドルかはわかんないですけど…。少なくとも出てる100%はテレビ、メディアに出る100%の増田貴久はアイドルとして生きてますけどね」と話すと、山口さんは「その答えが結構、俺、あれかも、しっくりきたかも」と増田さんのアイドル論に納得した様子でした。

今回の放送にはネット上で、「山口さんがNEWSの曲を作っていたことを聞いて 驚き〜是非 実現してほしいです」「増田さんのアイドル論、痺れるくらいかっこいいな……」「増田くんのアイドル論がとても興味深いしかっこいい。サカナクションとNEWS、サカナクションと増田くん、どっちも実現したら面白いだろうな」などのコメントが上がっています。

リリースはされませんでしたが、アマチュア時代に山口さんがNEWSの楽曲を制作していたという話には、驚いた方が多かった様子。

また、増田さんのアイドル論は、アイドルとしてのプライドが垣間見れて素晴らしかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.