木村拓哉の"あのターン"は誰でも脳内再生できる!?古株ファンが絶賛した三宅健の"身内話"が話題

更新日:

毎週月曜深夜放送の「三宅健のラヂオ」(bayfm)。11月25日の放送では、三宅さんがいつも以上に先輩ジャニーズについて語り、その内容が話題になりました。

三宅健の"身内話"が話題

番組終盤に流れる今週の一曲のコーナー。先週の放送で流した『千年メドレー』は、昔のジャニーズを知るファンにとっては、たまらない名曲だったのではと話す三宅さん。

この曲を作っている林田健司さんは、SMAPやKinKi Kidsに多くの曲を提供しているそうで、その流れから、Kinki Kidsのバックダンサーをつとめていた、ジュニア時代の井ノ原快彦さんの話へ。

「今みたいなほっこり系じゃなくてさ、イケイケ系の尖ってた時期だから」と当時の井ノ原さんを振り返ります。さらに「『若者のすべて』(ドラマ)のラストでキムタク刺してるの井ノ原くんだよ。尖がってた頃の井ノ原快彦ですよ」と今の井ノ原さんのイメージからは想像がつかない役を演じていたことを明かします。

さらに昔の井ノ原さんは短髪で茶髪。しかも、その髪をジェルで立たせ、そのうえ、ノースリーブのジージャンを着て、華麗にバク転などをしていたそうで「まさか朝の顔なんて言われる時代が来るなんて、あのときは誰も思わなかったと思いますよ」と長年近くでみていたからこそのコメントが飛び出しました。

なかなか家に呼んでくれないV6・坂本

その後、V6メンバーである坂本さんのジュニア時代の話へ。坂本さんは『俺んち来るべ』というソロ楽曲を歌っており、三宅さんは本来その曲をラジオで流したいと語るも「音源化されてないんでね、流せないんですよ」と残念そうにする三宅さん。

すると、三宅さんの頭の中で流れているというその楽曲を口ずさみ始めます。そして「坂本くんにそれを歌われて家に招待されたいよね。そうやって鍋パーティーとかに招かれたいですよね」と陽気に語ります。しかし「なかなか家に呼んでくれないんだよなー」とため息交じりに呟き、曲紹介にうつりました。

木村拓哉の"あのターン"は誰でも脳内再生できる!?三宅健の話に、古株ファンが絶賛

最後に本日の一曲として、SMAPがカバーした林田健司さんの楽曲『KANSHAして』を流します。曲が終わると「俺、この時の木村くんのターンが大好きなの。首から行くみたいな…」と一度見たことがある人ならば、なんとなく想像がつく木村さんのキレのあるターンを"大好き"と語る三宅さん。

さらに「ロン毛の頃のね。木村くん以上にロン毛が綺麗な人、見たことない。カッコ良かったなぁ」と若かりし頃の先輩を絶賛しました。

この番組で度々、ジャニーズを昔から知るファンには嬉しい内容を話してくれる三宅さん。番組を聴いていたリスナーはネット上で「井ノ原くん、坂本くん、木村くんとお兄ちゃんたちのことを嬉々として語る健ちゃんの可愛さよ」「古株のオタクたちが盛り上がる話満載だな」「最近は身内話が多くて、ジャニーズっぽいね!(笑)」「林田健司さんのつくる楽曲はどれもかっこいいよね」と反応。

先輩のことを楽しそうに話す三宅さんに、明るい気持ちになったリスナーが多かったようですね。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聴き逃した方は是非チェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20191126000000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.