Snow Man宮舘涼太、先輩・三宅健に駅まで送ってもらうエピソード語るも三宅は否定「じゃあ、あの時のは誰?」

更新日:

V6の三宅健さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm78)。10月5日の放送では、ゲストにSnow Manの宮舘涼太さんが登場。宮舘さんが三宅さんとの思い出を語る場面がありました。

■宮舘涼太、先輩・三宅健に駅まで送ってもらうエピソード語るも三宅は否定「じゃあ、あの時のは誰?」

今回は、ゲストにSnow Manの宮舘涼太さんが登場しました。番組中盤には、宮舘さんが三宅さんとの思い出話をし始めます。

三宅さんと宮舘さんは舞台『滝沢歌舞伎』で共演していますが、公演期間中初めて食事する機会があったそう。

なんでも、その食事会にはSnow Manの佐久間大介さんやKing&Princeの岸優太さんも居たそうですが、帰りにその2人と別れた後、三宅さんは宮舘さんのことを、なんと駅のホームまで見送ったのだとか。

そのときのことを「2人で夜道を歩いて、そのまま僕のことを駅まで送ってくださって…健くんがですよ?駅まで送ってくださって…電車まで待ってくださって、僕のドアが閉まる瞬間までこう見送ってくださったんですよ」と振り返る宮舘さん。

しかし、三宅さんは「うそ~!?ほんと?それ人違いじゃない?」と覚えてないようです。そんな三宅さんに「いやいや、間違えなく健くんです」と食い下がる宮舘さんですが「えー、俺そんなことする?」と三宅さん。

思わず「えっ!?じゃぁあのときは誰?」と笑う宮舘さんですが、改めて「もう(舞台の)本番中ですよ。なのにも関わらずほんとにお疲れにも関わらずそんなことしてくださって…」と熱く語ります。それでも三宅さんは「あぁそう。へー覚えてないわぁ」と他人事ように聞いていました。

■V6三宅、King&Princeの岸優太の天然っぷりに「絶対落語家に向いてない」

一方で三宅さんは、その時覚えている面白かった出来事として、岸さんの話をし始めます。

宮舘さんと三宅さんの間に岸さんが居るという状態だったときのこと。

宮舘さんと岸さんが話していた後に、三宅さんが岸さんに話しかけたところ、岸さんは「あ、あ、何ですか?宮舘くん」と返答したそう。

この岸さんによる三宅さんと宮舘さんの名前間違いは逆パターンもあるそうで、三宅さんと話した後に、宮舘さんを「三宅くん」と言ってしまうこともあったのだとか。

そのとき岸さんは「すみません、名前がちょっと…」と弁解していたそうですが、そんな岸さんを「覚えられないレベルの話じゃないですよね」と指摘する宮舘さん。

すると三宅さんは「多分、彼の中では"みやみや"だからさ。三宅だし宮舘だし混ざっちゃうんだよね」と、まずフォロー。その後「絶対落語家に向いてない人だね。落語家に絶対なれない。瞬時に切なり替えられないから」と断言します。

最終的に「それを思い出したわ」と呟く三宅さんに宮舘さんが「それを思い出してくださったのに、送ってくださった話は思い出してくれないっていう…」と寂しがると「全然覚えてない、それ。そんなことしたんだ?へー」と、やっぱり他人事のように聞く三宅さん。

宮舘さんは「いやぁ、あれは凄かったですよ。なんて素敵な夜道でしたか」とただ一人思い出に浸っていました。

■ V6三宅の優し過ぎる行動にネット上では「惚れる」の声

宮舘さんが明かした三宅さんとの思い出話に、ネット上では「素敵なエピソード聴けた」「駅のホームしかも電車が来て乗って出発するまで送ってくれる三宅健先輩優し過ぎじゃない?!惚れる…覚えてないのは照れ隠しなのか真剣に忘れてるのかw」「本人は全く覚えてないってのは、もはや無意識レベルで優しさに溢れてる」などとリスナーが反応。

優しさ溢れる三宅さんの行動に感動した方が多かったようです。三宅さんが明かした岸さんの天然っぷりがわかるエピソードも面白かったですね。

【番組情報】
三宅健のラヂオ
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20201006000000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.