菅田将暉『まちがいさがし』で思わず号泣…!幼少期の“エモすぎる”感動エピソード告白「涙が、ウワーって…」

更新日:

毎週月曜日深夜1時から放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送ほか)。10月5日の放送では、菅田さんが「めちゃくちゃエモい」というエピソードを披露し、話題となりました。


(画像:時事通信フォト)

■菅田将暉、「1回もやった事が無いのに…」自身の"不思議な感覚"を熱く語る?

今週の放送では、番組冒頭から、秋のイベントである"栗拾い"について「1回もやった事が無いのに、やった記憶はある」と語っていた菅田さん。

菅田さんいわく、"栗拾い"はやった事がないはずなのに、なぜか「楽しかった記憶」だけがあるそう。この"不思議な感覚"について、菅田さんは「分かる?分かりません?」と、熱く周囲に同意を求め、大盛り上がりとなっていました。

そんな中、菅田さんは、父親から「実家にあるピアノを、手放すことにしました」と連絡があったと報告。

幼少期に、菅田さんは10年間ピアノを習っていたそうですが、今は誰も使わないため、近くのピアノ教室におくることになったそうです。

■菅田将暉『まちがいさがし』で思わず号泣…!幼少期の“エモすぎる”感動エピソード告白「涙が、ウワーって…」

父親からは、新しい場所に設置されたピアノを、ピアノ教室の先生が弾いている動画が送られて来たとのこと。

動画の中で、先生は、菅田さんの楽曲「まちがいさがし」を弾いていたそうで、菅田さんは「もう、号泣」と、その時を思い出しながら語りました。

続けて「『まちがいさがし』を聴きながらさ、ちっちゃい頃のピアノの思い出とかが、浮かんでくるわけ。めちゃくちゃエモくないですか?」と周囲に問いかけた菅田さん。

「ピアノ、今日あるって分かってるのに、まだグラウンドで友達とサッカーしてたいから…」「オカンがチャリで爆走で『あんたーっ!』って呼びに来た、あの日」や、「ピアノの先生、犬飼ってたな」など、当時の風景が蘇ってきたそうです。

さらに、「そんな思い出を回想しながら聴く、ピアノの先生の『まちがいさがし』は、めちゃくちゃグッと来て。涙が、ウワーって…」と感動のエピソードを語る菅田さんですが、前半のエピソードに絡め、スタッフが「この記憶は、本当?」と質問したようです。

菅田さんは「この記憶?本当よ!」と反論しながらも「え、本当よね?怖い!俺のピアノだよね?あれ」と慌てながらコメントし、周囲を笑わせました。

■菅田将暉が語った"エモい"エピソードに「素敵なお話」の声

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「10年続けた思い出の詰まったピアノでの『まちがいさがし』グッとくるよね~素敵なお話ありがとう」「それはエモいー!旅立ったピアノで弾かれるまちがいさがし」「この記憶も嘘やったら何が本当かわからんわwww」などの声が上がりました。

ずっと使っていたピアノで奏でられた「まちがいさがし」に、号泣してしまったという菅田さん。感動しつつも、最後の"オチ"には笑ってしまったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
菅田将暉のオールナイトニッポン
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20201006010000
(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.