TOKIO国分太一「この時の長瀬くん大好き」真剣な長瀬への"大好き"アピールが止まらない?

更新日:

3月18日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、女優の広瀬すずさんが出演。企画「完全に好きアピ警察24時」で、TOKIO・長瀬智也さんに国分太一さんが「俺好きだよ」と伝える場面があり、話題を集めました。

■広瀬が奥手な恋愛観を明かす

広瀬さんに国分さんが、「(好きな男性に)積極的に責められるタイプ?」と質問。

広瀬さんは、「多分、全くです。同性の友達にもご飯誘えないです」と、積極的というよりも奥手な性格であることを明かします。

続けて、国分さんが「行きたい時はどうする?」と聞くと、広瀬さんは「1人で行きます」と即答。

そんな広瀬さんとTOKIOのメンバーは、20歳以上年齢が離れています。

それを気にした松岡昌宏さんが「年上大丈夫ですか?」と尋ねると、広瀬さんは「お父さんの年齢までかっこいいと思う」と回答。

広瀬さんの父親の年齢は50歳だそうで、現在43歳の松岡さんは自分もまだいけるとわかり、「頑張って行きましょう!」とテンション高めにコメントしていました。

■国分「この時の長瀬くん大好き」真剣な長瀬への"大好き"アピールが止まらない?

今回は、男性が女性からされたら「俺のこと好きかも」と思い込んでしまう行動を「シロ」か「クロ」で判断する企画「完全に好きアピ警察24時」を実施。

早速、長瀬さんは「急に呼び方をあだ名に変えてくる女性の行動」を選択。

「僕はいちばん最初に決めた呼び名で相手を呼び続けることにドラマを感じる。結婚してからも『長瀬さん』と呼ぶのも、2人の関係性だから…」と、最初の呼び名へのこだわりを明かします。

続けて、長瀬さんは「すずちゃんは音の響きとか含めて大事にしてそう」と広瀬さんも自分と同じような考え方なのではと予想して「クロ」を選択するはずだと熱弁。

この様子を見た国分さんは「俺は、この時の長瀬くん大好き」とコメント。

結果は、距離を縮めるため共演者を普段からあだ名で呼ぶという広瀬さんの判定は「シロ」。広瀬さんは、ロン毛から連想して長瀬さんを「ロンちゃん」と命名していました。

また、1回目で失敗した長瀬さんは、次に真剣な眼差しで「後ろから話しかける時『肩トントン』じゃなくて『肩ツンツン』」のカードを選ぼうとするも、「ちょっとやめてもいいです?」とカードを戻します。

これに国分さんは、「いいよね、お前のこの真剣さ。俺好きだよ!」と、再び長瀬さんへの愛を爆発させていました。

長瀬さんへの愛が止まらない国分さんにはネット上で、「毎回好きアピ警察コーナーでテンションぶち上げる長瀬さんのことが、国分さんは『大好き』らしい」「好きアピ刑事な長瀬くんが好きな太一くんwwwわかる」「つまりシンプルに言うと太一くんは長瀬くんが好きってことね」などのコメントが上がっています。

バラエティなのに真剣になる長瀬さんに、さりげなく「好き」をアピールする国分さんが最高だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.