泣かない男・櫻井翔の目からこぼれ落ちた涙にファン号泣「ずっと我慢してたんだなって」 #Thisis嵐Live

投稿日:2021/01/01 17:11 更新日:

嵐の活動休止前の最後のライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が、12月31日の夜に無観客でオンライン配信されました。

21年間の思い出の詰まった楽曲や、最後の挨拶で涙するメンバーの姿が大きな話題を呼び、SNSでは「#Thisis嵐Live」が世界トレンド1位を獲得しました。

■活動休止前のラストライブ

2020年12月31日の夜、嵐が活動休止前の最後のライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が東京ドームで無観客で開催され、Johnny's net オンラインで有料配信されました。

「無観客でもファンと一緒に楽しみたい」という嵐の強い思いから、ファンから募集した振付や合唱の動画や、視聴中のファンがリアルタイムで会場に映し出される機能も新しい登場しライブを盛り上げました。

さらにメンバーも知らないサプライズ企画として、視聴画面から投稿した嵐へのメッセージが東京ドームの天井に表示され、「嵐さん、幸せをありがとう」「ずっとずっと大好きです」「嵐のファンでよかった」などファンからの暖かいメッセージを嬉しそうに見上げる5人の姿が印象的でした。

■櫻井と松本の涙にファン号泣

ライブ終盤での挨拶は、櫻井翔さん、大野智さん、二宮和也さん、相葉雅紀さん、松本潤さんの順番でした。

芸能活動を休止する大野さんは、柔和ながらも凛とした表情でメンバーやスタッフへの感謝を述べました。

一方、普段あまり涙を見せない松本さんは感極まって言葉に詰まり、背中を向けて涙を拭う場面も。

ネットでは「2年の時間をかけて抱えていた大きな感情が昇華したようにスッキリとした顔をした大野智と、2年間鬼のような仕事量のお陰で堰き止められていた大きな感情が決壊して涙が止まらなかった潤ちゃん」と思いを巡らせる声も。

最後の曲「Love so sweet」を歌い終わり、5人が並んで両手を繋いで掲げた時に、これまで決して涙を流すことのなかった櫻井さんの目に光るものが。

必死に堪えようとしますが、両手を上げているため拭うことが出来ず、一粒の涙がこぼれ落ちました。

ファンからは「翔ちゃんの最後のあの涙、ずっと我慢してたんだなって。私もあの瞬間に涙腺崩壊したよ。」「残酷なくらいいつも通りに綺麗な顔で笑って丁寧な言葉を紡いでいた翔くんが、最後の最後に5人で手を繋いだ瞬間、子どもみたいに口を歪めて泣くのを我慢して、それでも我慢できなくて涙をこぼしているのを見て、やっぱり私は櫻井翔が大好きだなって思ったよ」など、忘れられない場面になったようです。

「相葉くんの涙で涙腺ガバガバだったのに、松潤の涙見て涙腺死んだし、最後の翔くんの我慢しようしてたけど溢れ出た涙見てダム決壊したダメだった。」など、思いがけないメンバーの涙に、多くのファンも涙が止まらなかったようです。

■日付が変わる直前、直筆のメッセージが

23時過ぎにフィナーレを迎え、嵐5人の姿は東京ドームから消えました。画面にはファンからのメッセージが引き続き流れましたが、日付が変わる直前に嵐5人からの直筆のメッセージが表示され、配信は終了しました。

「ギリギリまで繋げててよかった!嵐からのメッセージちゃんと受けとりました!」「たくさんの素敵な景色をありがとうございました!」など、嵐との別れを惜しむコメントが続々と寄せられました。

また、感染拡大により無観客配信でさえ中止せざるを得ない事例も出ていたため、「誰一人感染できない緊張のなか、超絶新しい凄いライブ無事届けてくださってありがとう」と感謝するコメントも見られました。

「嵐を好きで良かった。たくさんの幸せをありがとう。たくさんの感動をありがとう。たくさんの愛をありがとう。たくさんのありがとうをありがとう。」この想いはきっと嵐に届いているのではないでしょうか。

(文:アイドル担当ライター このはな)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.