手越祐也が愛される理由が「逃走中」で明らかに?そのカッコよさ"恐るべし"と絶賛された出来事とは…

更新日:

11月23日(土)に放送された「逃走中15周年記念!50周年のサザエさんとコラボSP」(フジテレビ系)にNEWSの手越祐也さんが出演し、その活躍ぶりと言動がお茶の間の話題を集めました。

スカイツリータウンでサザエさんとコラボ、スリル満点の逃走劇

「逃走中」は、エリア内のハンターから90分間逃げ切って高額賞金を獲得する人気番組。今回の舞台は東京スカイツリーを見上げる商業施設・東京スカイツリータウンでした。

放送開始50周年を迎えた「サザエさん」とのコラボスペシャルで、エリアには磯野家の人々が登場したり、「サザエさん」にちなんだミッションが続々と発動されたりするなど、さまざまな仕掛けで逃走者を追い詰めるスリル満載の展開となりました。

手越節は絶好調、目標は「出尺を稼ぐ」

手越さんは、逃走者17人のうちの1人として初参戦。自身のフットサルチームを持ち、体力にも脚力にも自信のある手越さんですが、開始前に抱負を聞かれ「1番の財産はテレビの出尺」とキッパリ。

さらに「基本的に自首はない」「か弱いレディがいる限り守らないと」「サザエさんとじゃんけんしたい」など手越節がさく裂。また、この番組のためにコンタクトを作り視力を1.0から1.5に上げて来たことも告白し気合満々の様子。

手越さんといえば"チャラい"キャラが浸透しており、同じく初参戦する"チャラい"EXITの兼近大樹さんとりんたろー。さんからは「チャラ先輩(パイセン)」「チャラさで負けてらんね~」とエールを送られましたが、ネットでは「"ド"真面目 "ガチ"参戦すぎてチャラにほど遠い」「この日のためだけにコンタクト作って1.5に合わせてきた手越くんのガチ度。それもこれもテレビの出尺のためです」など、バラエティに全力で取り組む手越さんに期待する声が高まりました。

果敢にミッションに挑戦し成功、「スターの証」

いよいよゲームが開始すると、得意の脚力と瞬発力を活かしてハンターから逃げ回りつつ、ミッションが発動されると躊躇することなく即参加を表明。

リスクの高いサザエさんとのじゃんけんにも、あっけらかんと「俺じゃんけん強いんで」と挑戦し見事に勝利。

ネットには「ジャンケン勝っちゃう手越くんはやっぱりSUPER STARだなー!!」「ジャンケンで勝つのはスターの証」と感嘆の声があがりました。

ハンターは怖いと言いつつも手越さんは「ランクアップとか上を目指すにはそれなりのリスクを背負う必要がある」と持論を展開し、すべてのミッションへ果敢に挑戦しました。

結果としては、計24体のハンターが放出され、惜しくも残り8分で確保されましたが、ゲーム終了後のボーナスゲームでも大活躍。「皆のために少しでも多く集めようとするその姿勢は、正に責任感の塊でますます惚れ直したよ」とネットにコメントが上がり、ファンを喜ばせているようでした。

手越祐也が愛される理由が「逃走中」で明らかに?"恐るべし"と絶賛された出来事とは…

目標であった「出尺」を充分稼いだ手越さんですが、特にネットで反響が大きかったのが、番組の見どころのひとつでもある「自首」のシーンでした。

逃走者は自分の好きなタイミングで「自首」=リタイアし、その時点での賞金を獲得できるシステムで、今回は山内健司さん(かまいたち)が約22分を残して自首し賞金100万超を獲得。このニュースを聞いた手越さんは「お金えらんだなぁ~、いい額だもんね(笑)」とにこやかに反応。

通常は「自首」をすると他のメンバーや視聴者から非難が集まることが多いため、ネットでは「山内が自首した時の手越の対応まじ好感度上がった」「手越くんの憎めない所って、自由奔放な所も多いけど他の人の否定しない所にあると思う。変に不快にならないんだよね」など、手越さんの寛容な態度に賛辞の声が集まりました。

「逃走中」は今年で15周年となる人気番組で、手越さんファンではない視聴者も多いのですが、今回ネットには「手越くんのファンってこんな所に惚れてるんだろなあ!なんか逃走中で納得してしまった」「手越祐也恐るべし。うんでも、わかる。久しぶりに見た、見た目だけじゃないカッコよさだった!」など、手越さんが愛される理由に納得したという声がありました。お茶の間からも多くの支持を得たようですね。

ぜひまた参戦して番組を盛り上げる活躍を見たいところですね。「逃走中」について気になる方はぜひ、HPをチェックしてみてくださいね。
https://www.fujitv.co.jp/tosochu/result.html
(文:アイドル担当ライター このはな)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.