SixTONES(ストーンズ)、名前にちなんで驚愕のCMを狙いにいく!?「ガチできそう」と話題

投稿日:2021/02/14 9:39 更新日:

2月13日に放送された「1億3000万人のSHOWチャンネル」(日本テレビ系)。櫻井翔さんがMCを務めるバラエティー番組で芸能人が自分で考えた企画に挑戦します。今回はデビュー1周年を迎えたSixTONESが登場。6人全員で一つの作品を作る企画に挑戦して話題になりました。

■SixTONES(ストーンズ)、名前にちなんで驚愕のCMを狙いにいく!?「ガチできそう」と話題

今回は、SixTONESのデビュー1周年記念ということで「ストーンを使ってSixTONESの絆を固めたい」という企画にチャレンジしました。

さまざまな形の石を絶妙なバランスを取りながら積み上げていくアート「ロックバランシング」に6人全員で挑戦し、1つのアートを作っていきます。

メンバーの田中樹さんが独断と偏見で決めたという今回の企画。田中さんはメンバーに「みなさんよく言われません?シックストーンズって。それは誰が悪いわけでもない。しいて言うならちょっとジャニーさんがひねりすぎた」と発言し、スタジオには笑いが。

さらに「グループ名のSixTONESも覚えてもらえるじゃん!」と企画の趣旨を説明しました。すると、ジェシーさんから「最終的に石のCM狙いにいこう」という天然発言が。

次々と「石のCMってなんだよ」「見たことねぇよ」とツッコみが入り、スタジオには笑いが起こりました。

ファンからは、ネット上で「ジュエリー系ですか?良き!!!」「石のCMきますように」「これガチで石のCMきそうw」などの声が続出していました。

■SixTONESは手先が器用な人ばかり!?気になる順番は…

企画は、ロックバランシングの第一人者である石花さんという先生を招いての挑戦となりました。先生は塩粒を使って卵を立たせるほどの実力の持ち主。

先生からは「理想的には(支点が)3点と言われ、石の凹凸からいい感じの支点を見つける。目で見るのではなく指で見る」というアドバイスが。そこで、まず全員で塩粒を使って卵を立ててみます。

その結果、2分で5人クリアするという手先に器用さを発揮しました。

そして、気になるロックバランシングでの順番発表へ。これはメンバーの松村北斗さんが理由付きで紹介します。まずは1番目に自分の名をあげた松村さん。「荷が軽いから」というユニークな理由でした。

2番目は髙地優吾さんで理由は「なんとなく」。3番目の森本さんは「意外と手先が器用」とのこと。

4番目は田中さんで理由は「なんでもできるタイプ」。5番目は京本大我さんで理由は「THE器用」。6番目のジェシーさん、理由は「勝負強い」というもので、順番が決定しました。

ネット上では「完璧な順番」「最初の2人の理由で爆笑」「今年のリーダーが北斗くんだから北斗くんが順番決めたのか!」などの声があがっていました。

■最後の5分で追い込み!ファンからも「さすが」の声

そして、1人ずつ石を積み上げていきますが、2回ほど失敗してしまい、その時点で50分が経過。

スタッフから「残り5分です」と告げられ、TAKE3に入った6人。短い時間の中で視聴者をハラハラさせましたが、なんと5分間で成功させました。

しかも、イメージ通り「1周年」をイメージした「1」の図。SixTONESの勝負強さと器用さが大いに発揮されていました。

ネット上でも「みんなあんなに喋ってて器用なのビックリ!」「最後の5分で決めるSixTONESがさすがすぎる」「地味な作業もあの6人がやったらかっこよく見えるんだよ。いや、めちゃくちゃかっこよかった」などの投稿が。

SixTONESのデビュー1周年企画ということもあり、ファンから注目を浴びていた今回の企画。ロックバランシングでの挑戦を通して見せたSixTONESのトークスキルや面白さも存分に感じられた放送となったのではないでしょうか。

放送中は、Twitterで「Hysteria」「石のCM」「SixTONES企画」「シックストーンズ」がトレンド入り。

ファンからも「シックストーンズって呼ばせたくないのに、SixTONESじゃなくてシックストーンズの方がトレンド入りしちゃうとこ、本当愛おしいな(笑)」などの声があがっていました。ぜひ2周年も6人全員での企画に挑戦してもらいたいですね。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.