NEWS・小山と加藤の名曲を"みじゅれあコンビ"がカバー!井上と中村に「可愛すぎる」と絶賛の嵐

更新日:

毎月第1・2週に放送の「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム)。3月6日の放送では、NEWS・小山慶一郎さん、加藤シゲアキさんの曲「チラリズム」をカバーした、同期コンビHiHi Jets・井上瑞稀さん、7 MEN 侍・中村嶺亜さんがトレンド入りを果たし、話題になりました。

■河合の選曲にファンから「ありがとう」の声が殺到

毎回様々なジャニーズのユニットが登場し、パフォーマンスを披露する「ザ少年倶楽部」。

Snow Manが激しくもキレのあるシンクロダンスが話題の「Crazy F-R-E-S-H Beat」をフルで披露し、会場は一気に熱気と興奮に包まれる中始まったのが、「名曲アルバム」コーナー。

この企画では、メインMCでもあるA.B.C-Z・河合郁人さんが、多々あるジャニーズの「名曲」の中から1つを選曲をし、歌ってもらいたいジャニーズJr.メンバーがカバーするというもの。

河合さんは「振り付けも可愛らしいし、仲良くないとできない曲じゃないですか」と選曲したのは、若かりし頃の小山さんと加藤さんの曲「チラリズム」。

通常、曲紹介をした後すぐにパフォーマンスが始まるのですが「新しい試み」として、練習風景も映像で紹介しました。

ギリギリまで誰がカバーするのか明かさない河合さんは、「仲の良さ」を理解してもらってからパフォーマンスを見て欲しい、という想いから、このような経緯に至ったそう。

会場に映像が流れると、観客の悲鳴と共に「少クラ」がTwitterトレンドの急上昇に上がりました。

■NEWS・小山と加藤の名曲を"みじゅれあコンビ"がカバー!

映像が始まり、エレベーターの扉が開くと、中から出てきたのは井上さんと、中村さん。

2人はカメラを見つけると、驚いた表情で顔を見合わせ戸惑った様子。

番組スタッフから「重大なお知らせがあります」と伝えられると、河合さんからのメッセージ映像を見せられる2人。

「仲のいい2人にぴったりの曲」と告げられ、「チラリズム」を披露することを知ることに。

井上さんと中村さんは、ジャニーズ事務所へ2009年10月に入所した唯一の同期。

10年以上の仲でもある2人は「みずれあ(みじゅれあ)コンビ」と呼ばれ、過去には同じユニット・スノープリンス合唱団に所属していた経歴もあります。

今回「チラリズム」で共演することを知ったファンは、ネット上で「もう河合郁人くんに感謝しかないよ?みじゅれあのチラリズムなんて絶対かわいいじゃん!」「同期コンビが一緒に歌うなんて嬉しすぎます」など多くの反響がありました。

映像では2人のリハーサル風景も流れ、照れながらも真剣に取り組む姿は、仲の良さだけでなくお互いを尊重している様子も垣間見れます。

中村さんは、「やっとね、その需要(みずれあコンビ)がちょっと出てきたんじゃないか」と話し、井上さんは「嬉しいよ」と今回の取り組みに気合十分の様子でした。

■井上と中村に「可愛すぎる」と絶賛の嵐

映像が終わると、会場では2人のパフォーマンスが始まります。薄暗い照明、もくもくとス
モークが上がる中、手を繋いで登場してきた2人。

対面になり、笑顔で同じ動作をする振り付けから始まります。会場からは黄色い声援が飛び交い、興奮が伝わってきます。

自身のユニットでは各々ローラースケートを使ったパフォーマンスや、激しい楽器演奏を行うこともある両極端な2人。

「チラリズム」では、キャッチーなメロディと可愛い振り付けで、普段との印象とは全く異なるギャップが見ている人を惹きつけます。

Twitterのトレンドには、同時に「チラリズム」がトレンド入りを果たすなど大反響。

曲が終わると2人は肩を組むのですが、ピースで決めポーズをする井上さんに対し顔を近ずけキスをしようとする中村さん。

井上さんは顔を反らし嫌がる表情をするものの、どこか嬉しそう。

これを見たファンからは、「みじゅれあ需要ありすぎてツライ…最後みじゅから肩組みにいってれあたんに顔近づけられたらいやそうな顔しながらも若干嬉しそうだったの最高に可愛い」「みじゅれあのチラリズム良すぎて何回も見てしまう」など絶賛の声が多く、番組終了後もトレンドに残るほど、反響の大きさを物語っています。

「チラリズム」は過去にもジャニーズJr.でカバーされていますが、今回のパフォーマンスは、2人がこれまで培ってきた「アイドルとしての魅せ方」が大きな反響に繋がったのではないでしょうか。次はいつ「みずれあコンビ」が披露されるのか、期待して待ちましょう。

(文:アイドル担当ライター 成田エイリ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.