"異文化交流"でSexyZoneの沼にハマる人続出!?『中島健人はずっとケンティだった』と驚き広がる

更新日:

ジャニーズのチャリティーライブ配信「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」。6月17日に登場したSexy Zoneは、ジャニーズらしい"キラキラ感"満載のパフォーマンスで視聴者を魅了し、新たにSexy Zoneの"沼"にハマる人が増えていると話題を集めています。

■甘いセリフも健在

「Day2」と題された2日目、Sexy ZoneはKAT-TUNと関ジャニ∞のパフォーマンスに挟まれて登場し、シングル曲を中心に約22分で全9曲を披露。

毎年ゴールデンウィークには連日、Sexy Zoneのライブで華やかに彩られる横浜アリーナ。今回は無観客での収録となりましたが、勝手知ったる会場で堂々のパフォーマンスを見せました。

メインステージからバックステージまで花道を駆け抜け、トロッコから笑顔で手を振り、おなじみの甘いセリフも健在。

曲名通り「ぎゅっと」したメンバーをアップで映し出すカメラワークなど、ネット上には「本当にライブ会場に居るように感じました」と大満足したセクラバ(=Sexy Zoneのファン)のコメントが溢れました。

■中島、「ステイ・セーフ」を呼びかけ

そんな中で注目を集めたのが、シングル曲以外から唯一披露された「君だけFOREVER」。

2016年10月に発売された「よびすて」のカップリング曲ですが、MCの終わりに中島健人さんが、気が緩みつつある私達にいま一度「ステイ・セーフ」を呼びかけ、「守る」をテーマにした美しいバラードを全員で歌い上げました。

ブルーの眩しいほどの照明が彼らのビジュアルを神秘的に際立たせ、ファンは「優しい歌声と力強い歌い方本当にたまらない」とうっとり。

彼らの意思が感じられる選曲に、「アイドルという立場で自分たちに何ができるか、しっかり僕らは僕らなりに考えてるってことがちゃんと伝わってくる」と称賛のコメントが寄せらました。

■『中島はずっとケンティだった』と驚き広がる

今回の配信は1日視聴券として販売されるため、同じ組であるKAT-TUNと関ジャニ∞のファンのほか、この機会に他のグループを見てみたいと購入する人も多く、そこで起こった"異文化交流"がネットで大きな反響を巻き起こしています。

初めて見るSexy Zoneのライブに「最高にキラキラアイドル」の声が圧倒的で、「これぞジャニーズ!」「歌うまいし顔面百点だしぜんぶかわいかった」など好感を持った人が多かったよう。

中には「かつん担の友達、『ライブでこんな優しくされたの初めて。いつも声出して盛り上げないと殺されるから』って感動してて面白かった」と"異文化交流"の醍醐味を味わった人も。

また、王子様キャラが定着している中島さんについて「ケンティーが噂以上に360度アイドルで最高だった」「ケンティーってずっとケンティーなんだ」など、テレビ番組だけでなく、ライブでも終始完璧な王子様の姿に感嘆の声が多くあがりました。

「これをライブで直に見てたら腰砕けだよ?毎回こんな刺激に耐えてるのすごいな」とのコメントもあり、今回が無観客でなければ、声も出ないまま膝から崩れ落ちるセクラバの姿が画面に映し出されたかもしれませんね。

■"異文化交流"でSexyZoneの沼にハマる人続出!?

異文化交流の効果なのか、「初めてセクゾのライブ見て沼へ転がり落ちた、どうしよう」「やばいセクゾ沼りそうでこわいわ」などの声が続出。

CDの売上やグループの勢いを盛り上げたいと願う人が多いのか、新規ファンに優しいと言われているセクラバからは「セクゾ沼に落ちた人に薔薇を配って歩きたいわWelcome to SexyZone」など、優しい手が差し伸べられているようです。

「異種格闘技」と前評判の高かった「Day2」。

3グループとも視聴した人からは、「海賊、貴族、商人っていう誰かのツイートを前に見たんだけどその通りだった。私は中世ヨーロッパの世界を見てきた」「KAT-TUNが荒らした土地にセクゾが花を咲かせそこに関ジャニが通天閣を建てたって感じ」など絶妙な感想が投稿され人気を集めました。

新たな楽しみ方を見つけた人も多いようで、また次回に期待したいですね。

(文:アイドル担当ライター このはな)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.