Sexy Zone菊池風磨『バベル九朔』でも怒りあらわに〝許せない!〟ファン思わず「一応ジャニーズのはず」

更新日:

Sexy Zoneの菊池風磨さんが主演をつとめるテレビドラマ「バベル九朔」(日本テレビ系)。11月16日放送の第五話では、菊池さんのセリフとドラマ内での豊かな表情がネットで話題となりました。

■菊池風磨『バベル九朔』でも怒りあらわに〝許せない!〟

脚本の執筆に専念するために、一年間住み込みで雑居ビル『バベル九朔』の管理人をすることとなった九朔満大(菊池風磨さん)。

そのビルの地下一階から地上四階には、スナックや雑貨屋、探偵事務所などのテナントが入っており、一風変わった家主達が和気あいあいと暮らしていました。

物語は第二章に突入し、高校からの親友、後藤健(SixTONES・髙地優吾さん)がバベルの世界に取り込まれてしまった現実と向き合い始めた九朔。一度は夢を諦めかけた九朔ですが、後藤とのつながりを確かめるかのように、再び脚本を書くことに専念するようになっていました。

雑居ビル『バベル九朔』の管理人も務めている九朔は、ビルのゴミ捨て場が荒らされていることに気付き、散らかったゴミの後片付けをすることに。

『バベル九朔』の地下一階でスナック店を経営する千加子ママ(佐津川愛美さん)に「うわ、派手にやられたねー!」と声をかけられた九朔は「殺鼠剤が効かないなんてあり得ませんよ」と、掃除をしながら愚痴をこぼします。

どうやらゴミ捨て場を荒らした犯人は『バベル九朔』の住人に”ミッキー”という愛称で呼ばれているネズミのようです。いつまでも片付かないゴミと、行き場のない怒りに九朔は思わず「許せない!」と天を仰ぎます。

この様子にネットでは「え!許せない!?!?」「許せない!!!まさかの!!!」「許せない、がバベルで聞けるなんて!」と大興奮するファンの声が。

実はこの「許せない」というセリフは、バラエティ番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で、菊池さんがドッキリを仕掛けられてネタバラシをされた際に発する言葉。

ファンは、テレビ局の垣根を越えて出た菊池さんのこの名台詞に驚きを隠せないようでした。

■九朔グラビアアイドルから目が離せず「えー全然平和じゃなーい」とデレ顔

今回バベルのターゲットとなってしまったのは『バベル九朔』の二階で雑貨店を経営する双見さん(前原滉さん)。

”世界平和”を夢見る双見さんは、戦争と病気のないバベルの世界で「争いがなくなる!世界が一つになれるよ!」と大喜びでダンスを始めます。

目の前で繰り広げられる独特な世界に、目を見開いて驚いたり顎を突き出して怪訝そうな顔をしたりと、感情をあらわにする九朔。そんな九朔ですが、バベルの世界に取り込まれそうになった双見さんを救うために、現実世界の双見さんの部屋で調査を始めます。

そこで見つけたのはグラビアアイドルの写真集。

思わず手に取り中を見た九朔は、そこに写るグラビアアイドルを見て「全然平和じゃないボディ」「えー全然平和じゃなーい」と、鼻の下を伸ばしながら目が離せなくなっていました。

■鼻の下を伸ばす菊池の演技に、ファン思わず「一応ジャニーズのはず」

ネットでは「風磨、顔芸がwww」「一応ジャニーズのはずwww」「もうコントじゃん」と、菊池さんの表情や演技に笑ってしまったという視聴者の声が上がっていました。

今回は菊池さんの代名詞となりつつある「許せない!」を局の垣根を越えて聞くことができ、開始早々テンションが上がったファンが多くいたようですね。

また、菊池さんのコロコロ変わる表情豊かな演技に引き込まれてしまった視聴者もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
バベル九朔
https://tver.jp/corner/f0061328

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.