A.B.C-Z河合郁人が明かしたV6・井ノ原快彦の神対応に賞賛の声!本人の代わりにスタッフに指摘「これ…」

更新日:

11月16日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、A.B.C-Zの河合郁人さんがゲストとして登場。河合さんがV6・井ノ原快彦さんの神対応を明かし話題を集めました。

■河合郁人がジャニーズにハマったきっかけとは?

今回はA.B.C-Zの河合郁人さんがゲストとして登場。”ジャニーズものまね”が人気の河合さんにくりぃむしちゅー・上田晋也さんは「いつぐらいからジャニーズにハマったの?そもそもは」と質問します。

河合さんは「生まれた時からもう家でジャニーズの曲が流れてたんですよ」と母親が少年隊の東山紀之さんのファンだった影響で幼少期からジャニーズの曲に親しみがあったと語りました。

続けて、河合さんは「その少年御三家(光GENJI、少年忍者、男闘呼組)が武道館でライブをやったビデオを、いとこのお姉ちゃんからもらって、それを毎日観てましたね。すごいかっこいいライブでした」とコメント。

この話を聞いた上田さんが「それでやっぱ観てるうちに、うわ、俺もジャニーズ入りたいなって(思ったの?)」と問いかけると、河合さんは「入りたいっていうよりは小学校、中学校になる感じで、いつかジャニーズになるんだと思ってたんですよ…。僕はジャニーズに入る人生なんだって、勝手に思ってました」と母親やいとこの英才教育の影響もあり自然とジャニーズのファンになったと言います。

そして河合さんは「ジャニーズのファンで入ったので、すごい幸せなんですよ」と噛み締めるように話していました。

■河合郁人、木村拓哉から届いた熱いメッセージを明かす

番組では、上田さんが緊張する先輩を質問したところ、河合さんは「今年、木村拓哉さんのライブにMCで出させて頂いて、30分ぐらい一緒にMCやったんですよ。めちゃめちゃこうなりましたね、緊張しちゃって、何を言ったかも覚えてないですし」とコメント。

ライブでは、河合さんは「スイッチが入ったときの木村さんの踊り方」と木村さんのものまねを本人の前で披露しました。その際「(ダンスを)やったら、木村さんがなんかそれ以上のなんか、こういう…」と木村さんが河合さんのダンス以上の激しい踊りを披露して会場を沸かせたそうです。

また、河合さんがものまね番組で準優勝になった時の様子をリアルタイムで見ていた木村さんがLINEで「『惜しい準優勝』ってその後、すげぇスペースあいて、『登れる山あるね』って書いてあった」とメッセージを送ってきたこともあるとのこと。

■河合郁人が明かした井ノ原快彦の神対応に賞賛の声!本人の代わりにスタッフに指摘「これ…」

また、河合さんは後輩について「Jr.の子の名前は基本ちゃんと覚えるようにしてます。傷つくので、多分。『俺知らない、こいつとか』って言う先輩になりたくないんですよ」とコメント。

そんな河合さんはジャニーズJr.時代に出演したバラエティ番組で『郁人(ふみと)』という名前を『いくと』と間違った読み仮名をふられていたことがあると言います。

河合さんによると、この時、間違いに気づいたV6の井ノ原快彦さんは「これ『ふみと』だからって」とスタッフに指摘してくれたそうで、この話を聞いた"しゃべくりメンバー"も井ノ原さんの行動を絶賛しました。

今回の放送についてネット上では「井ノ原くんのエピソードがらしくて微笑ましい」「スタッフさんが『河合郁人(いくと)』って言って、井ノ原くんが『それ河合郁人(ふみと)だから』って訂正するのかっこいい…井ノ原快彦さんかっけー!!」「いやぁ、井ノ原くんは本当に覚える人だよね。病的な記憶力らしいからね笑河合くん、素敵なエピソードありがとうございます」などのコメントが上がっています。

河合さんの名前が間違って表記されているのをさり気なくスタッフに伝えた井ノ原さん。その気遣いが素敵だと感じるエピソードでしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.