MCも俳優も高評価の二宮和也、裏では潜り込むような低姿勢で「二宮でございます」一人ひとり楽屋に挨拶まわり

投稿日:2022/10/28 14:00 更新日:

10月27日放送の「アカデミーナイトG」(TBS系)では、お笑いコンビ・なすなかにしの中西茂樹さんが嵐・二宮和也さんについて語り話題を集めました。

ジャニーズビル外観

(画像:時事通信フォト)

■MCも俳優も高評価の二宮和也、裏では潜り込むような低姿勢で「二宮でございます」一人ひとり楽屋に挨拶まわり

番組では、二宮さんが主演を務める映画『ラーゲリより愛を込めて』について取り上げられました。

ココリコ・田中直樹さんが「2人はどうでしょう?二宮くんと共演経験は?」と尋ねると、中西さんは「めちゃくちゃ良い方」とコメント。

続けて、中西さんは「二宮さんの番組に出演した時にわざわざ楽屋まで挨拶に来られるんですよ。それもビックリした『二宮でございます』って言ってその挨拶も潜り込むような低姿勢の挨拶で『よろしくお願いします』って」と、二宮さんの礼儀正しさに感銘を受けた事を明かしました。

■二宮和也が作品に込めた想いとは?

『ラーゲリより愛を込めて』で、二宮さんが演じるのは第二次世界大戦後、シベリアにある強制収容所のラーゲリに抑留され捕虜となり亡くなった山本幡男。

記者会見の中で二宮さんは「辛くて悲しくて苦しくて寂しくまた目を背けたくなるシーンがたくさんあるとは思うんですけど、だからこそ、その中にある笑顔や涙が非常に胸にくるものになっている。やはり人間大切なものを教えてくれる何かがここにあると思っています」と作品に込めた想いを明かしました。

■共演者が「俳優・二宮和也」を明かす

映画に松田研三役で出演する松坂桃李さんに「俳優・二宮和也」の印象を聞くと、松坂さんは「実は1度もお仕事した事がなくて、バラエティとかでは何度かご一緒させていただいた事はあったんですけど、いつかご一緒してみたいと思ってたんでその喜びは結構強かったですね」とコメント。

新谷健雄役で出演するSexy Zone・中島健人さんは「二宮くんは台本を読むんじゃなくて感じる人なんだなと思いました。台詞ではなく役としての言葉をその場で発していた感じでした」と二宮さんとの共演してみて感じた事を明かします。

また、山本の妻・モジミを演じる北川景子さんは「芝居っていう感じがしないっていうか、本当にそこに山本幡生という人が生きていて息づいてるっていう風にしか見えないし。でもきっと色んな事を考えた上で最後は自分の感覚的なものを信じてその場で出たものを残していってる人だと思うから、すごい事やった後でも飄々としているので」と二宮さんの自然な演技を絶賛しました。

今回の放送について、ネット上では「なすなかにしさんのニノへの好印象が嬉しい!!”二宮でございます”の楽屋挨拶にびっくりしたと(いつものニノでございます)」「ニノさんの番組で、二宮くん、なすなかにしさんの楽屋に挨拶に行くんだ。潜り込むような低姿勢想像できる」「ニノさんロケでお世話になってるなすなかにしさん、きっと違う時にみつけご挨拶に伺うにの座長、あのなすなかさんにもぐり込むような低姿勢と言われるなんてそりゃ共演者皆様から愛される人」などのコメントが上がっています。

中西さんの楽屋に二宮さんが挨拶に行くというエピソードや、二宮さんの役の向き合い方が明かされた今回の放送。彼が“愛される理由”が詰まっていて、ファンも大喜びだったようです。

【番組情報】
アカデミーナイトG
https://tver.jp/episodes/epvl8el0j0

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.