キンプリ永瀬廉、人生の転機になった二宮和也の言葉を明かす『いや~すごいね…』

投稿日:2022/07/25 9:27 更新日:

7月24日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)では、King & Princeの永瀬廉さんがゲストとして登場。嵐・二宮和也さんの言葉が永瀬さんの人生の転機となったことを明かし話題を集めました。

青空

■キンプリ永瀬廉、人生の転機になった二宮和也の言葉を明かす『いや~すごいね…』

三木康一郎監督がメガホンを取った映画「弱虫ペダル」(2020)で主演を務めた永瀬さん。この作品で永瀬さんは日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。

日本アカデミー賞の授賞式で、永瀬さんは「『弱虫ペダル』って映画で主演をさせていただいて、その時に 日本アカデミー賞新人俳優賞を頂いて、その会場に二宮さんも賞取っておられたので。『いや~すごいね、廉はキンプリの俳優枠だね』って言ってくださって」と二宮さんに声をかけられたとのこと。

続けて、永瀬さんは「二宮君からしたら何も思ってないただすっと出た言葉なんすけど、僕からしたらすごい嬉しかったんです。その言葉が…。キャラに迷った時期っていうのもあったじゃないっすか」とコメント。

さらに「その中で 『キンプリの中で俳優枠だね』って言われた事によって俺の中で、キンプリにいる価値じゃないですけど、King & Princeっていうグループの一つの武器になる部分が俺にもあったなと思えるような瞬間だったんすよね。ここを頑張りたいと思って」と二宮さんの言葉で俳優として頑張る決意が固まった事を明かします。

■三木康一郎監督は永瀬廉の活躍を確信していた

このタイミングで三木監督がスタジオに登場。MCの山崎育三郎さんが「三木監督お伺いしたいんですけど『弱虫ペダル』 終わってからのれんれんの活躍、今の役者としての姿」と話を振ります。

三木監督は「『ペダル』 公開したぐらい…。撮ってる時から活躍するんだろうなと思ってので、ちゃんと作品に向き合う方だったので、次も呼ばれて色々やるんだろうなぁって感じで」と映画撮影中から永瀬さんの活躍を確信していたとのこと。

続けて「今彼の連続ドラマで主演とか頂いてるっていうのは選ばれた人しかできないものなので、ただ頑張るとかただ 一生懸命やるとかそういった部分じゃなくてこれから多分結果というものを求められるようになってくるので」とコメント。

さらに、三木監督は「結果を出すっていう辛さとそれに向き合って行く諦めない心みたいのしっかり持って、役者永瀬廉としてこれからずっと結果を残していただければというふうには思ってます」と、永瀬さんにエールを送りました。

今回の放送について、ネット上では「キンプリの俳優枠、これからも廉くんの作品をたくさんみたいなぁ」「どんな役にでも染まれる廉くん、紛れもなくキンプリの俳優枠です滝涙」「二宮くんからの『すごいね、廉はキンプリの俳優枠』だねって言葉、すごい心強いと思う。にのちゃんのそういうとこ好き」などのコメントが上がっています。

二宮さんが永瀬さんに伝えた「廉はキンプリの俳優枠だね」という言葉が素敵ですね。その言葉は、ファンにとっても嬉しいものだったようです。

【番組情報】
おしゃれクリップ
https://tver.jp/episodes/epgf35fhqp

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.