SnowMan向井、ラウールとの喧嘩は1週間続いていた!「どっちも引かなかったんですよ」

投稿日:2022/07/09 16:59 更新日:

7月9日に放送された「おかべろ」(関西テレビ放送)。今回は、Snow Man・岩本照さんと向井康二さんがゲスト出演し、さまざまなトークを繰り広げて盛り上がりを見せました。

Snow Man

■デビューを伝えられた当時を語る…!

デビューから2年が経つSnow Man。

デビューを伝えられたのは、ジャニー喜多川さんの病室だったそう。

向井さんは、「ジャニーさんが本当に、もう元気もない状態の時なんですけど、仕事中やったんですけど、今すぐ来てほしいってことで、その仕事を抜けて僕ら行ったんですよ。もう何かわからなくて、正直ジャニーさんが危ないんかなっていう…状況やと思って…」と話します。

続けて、「僕らはもう急いで向かったら、SixTONES、Snow Manデビュー決まりましたっていう風に言われて。まぁ普通やったらイェーイっていうところなんですけど、やっぱジャニーさんもいるし、ジャニーさんに最後に決めてもらったグループなんで、それが僕たちは大きいというか…」と語りました。

NON STYLE・石田明さんから、「浮かれられへんかったんやね」とコメントがあると、「すっごいグッとくるものがあるっていうか」と岩本さん。

ナインティナイン・岡村隆史さんが、「何か頑張らなあかんなっていう方が強いよね」とコメントすると、向井さんは「そうなんですよ、これがデカくて。ちょっとすみません、鳥肌が。思い出しただけで」と、当時を思い出した様子でした。

ファンからは、「こういうの聞くたびに、何度も言ってるけど『デビューおめでとう』って気持ちで溢れる」「泣けてくるな」「本当にデビューしてくれてありがとう」「ジャニーさん本当にありがとうございます」などの声があがっていました。

■向井、ラウールとの喧嘩は1週間続いていた!「どっちも引かなかったんですよ」

さらに、岡村さんと石田さんから、「喧嘩したことある人とかって、おったりするんですか?」という質問が。

これに対し、向井さんは「あぁ、いますよ。同じメンバーのラウールとか」と、驚きの真相を明らかにしました。

ラウールさんと1週間口を聞かなかったという向井さん。

理由は、「仕事の話とか方向性の話してて。結構、話合うグループなんで。それで『いや、康二くん違うじゃんそれは』とか、『いや、ラウール俺はそれ違うと思う』っていう、どっちも引かなかったんですよ、珍しく。1週間喋らなくて…舞台中ですよ? そろそろ謝ってくるやろとか思ってたら、あっちもそれ思ってたらしくて、どっちもいかないんで、どうしようみたいな」と、向井さんは当時の心情を語りました。

それを聞いていた石田さんから、岩本さんに「その時、こう中に入ろうみたいなことはせぇへんかったの?」と質問があると、「様子を見て、で、まぁ何か仲介に入って、ちゃんとこう仲直り…」と答える岩本さん。

向井さんは、「その時は目黒君が間に入ってくれて、『お前らもう仲直りしろ』つって。『話合って』って言って、泣きながらハグして終わりました」というエピソードを明らかにしました。

■ファンの間では定番の話!?

このエピソードに対し、ファンからは「ラウちゃんとの喧嘩って一週間も長引いてたん!?二人とも意外とがんこちゃんなんやな〜」「伝説の2019年大喧嘩(笑)」「めめの仲裁により仲直りしたこじラウの喧嘩エピ好き」「ラウこじ喧嘩話何回聞いてもかわいい」「泣きながらハグして仲直り平和や」などの反応が。

ファンにとっては定番のエピソードですが、何度聞いてもたまらない話となっているようですね。

今回は、岩本さんと向井さんがゲスト出演し、デビューを伝えられた時の様子や、向井さんとラウールさんの喧嘩エピソードが明らかに。

SnowManのファンにとっては嬉しい、貴重な放送となったのではないでしょうか。

(文:しほり/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.