二宮和也、コロナ禍で落ちた能力を明かす「もう圧倒的に…マジで無理」

投稿日:2021/11/08 15:40 更新日:

嵐の二宮和也さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。11月7日の放送では、二宮さんがコロナ禍で落ちてしまった能力についてや、得意とする卓球について語る場面がありました。

二宮和也

(画像:時事)

■二宮和也、コロナ禍で落ちた能力を明かす「もう圧倒的に…マジで無理」

番組では、リスナーのメッセージから「人の顔を覚えられるか」という話題へ。

二宮さんが仕事で関わったスタッフを全員覚えることはファンの間で有名な話のようですが、二宮さんは「最近もうほとんど覚えられないんですよ」と告白します。

続けて「これね、なんかのせいにしたくはないんだけど…」としつつ「間違えなくマスクです。これはね、もう圧倒的」とコメント。どうやら、コロナ禍でマスクをつけることが当たり前となった今、顔が半分隠れるマスクを全員がつけていることで、覚えられなくなってしまっているようです。

二宮さんは「マスク込みで覚えてるじゃない?だからマスク外されると…マスク外されて違う現場で会った時にやっぱ認識が遅れる」と語ると「だから全くもってだね…もう圧倒的にそこの能力が落ちてる、マジで無理」と、コロナ禍で落ちてしまった能力を明かしました。

■二宮和也、自身の卓球の腕前は芸能界で「御三家には入ってる」「ジャニーズでは1番上手い」と自信満々!上達したきっかけはドラマの撮影だった!?

番組後半には、二宮さんの卓球の腕前の話題へ。というのも、先日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)でゲストとして出演していたムロツヨシさんと鍋蓋で卓球をする"なべブタっ球"で対決をしていた二宮さん。

これを見たリスナーから「なぜあんなに卓球だけ上手なのですか?」という質問が届きます。この質問に二宮さんは「知らないか~この子は」と反応すると「長らく芸能界で1番卓球が上手いと言われているのは"ジャストミート"福澤大先輩(福澤朗アナウンサー)なんですよ」「あと(落語家・三遊亭)小遊三師匠もお上手なんですよね」と芸能界で卓球が上手い人の名前を挙げていきます。

そして「下手したら、その下ぐらいにいるんじゃないか、二宮って思いますね」「御三家には入ってるんじゃないかなとは思います、正直」と自信たっぷりに答えました。

さらに「(福原)愛ちゃんに教えていたっていう中国の先生に習ってました、一時期」「僕は本当にその期間、ずーっと卓球をやらされ続けて、マジで上手くなりましたから。だって卓球のシーンなんて2・3シーンしかないのに、ほぼ毎日卓球したんですよ、俺」と卓球が上達したきっかけはドラマの撮影だったことを告白。

「だから多分ジャニーズでは1番上手いです、もう回転入れて良いんだったらジャニーズ1でしょうね」と豪語しました。

■リスナーからは「懐かしい」「是非見て」の声

この話にネット上では「是非二宮くんの『少しは、恩返しできたかな』は見ていただきたいな」「『少しは恩…』の卓球のお話が懐かしい」「芸能界卓球御三家に入ってる自信がある強気なニノちゃん」「卓球上手い理由、ドラマの話も含めて詳しく聞けて嬉しい」といった声が。

どうやら、二宮さんが撮影時に卓球の特訓を受けていたのは2006年放送のスペシャルドラマ『少しは、恩返しできたかな』という作品であるようです。

この作品を既に観たことがある方も、まだ観たことがない方も、二宮さんの話に出てきた卓球のシーンが気になったのではないでしょうか。

二宮さんが語っていたマスクによる弊害については、納得してしまいましたね。

【番組情報】
BAY STORM
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20211107220000
(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.