KAT-TUN中丸雄一「本当、頑張ったなと思います」涙ぐみながら苦労人・藤ヶ谷太輔に労いの言葉

投稿日:2021/09/19 14:38 更新日:

9月19日放送の「シューイチ」(日本テレビ系)では、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが登場。KAT-TUN・中丸雄一さんが藤ヶ谷さんについて語る場面があり話題になりました。

青空

■藤ヶ谷太輔、中丸雄一の印象を明かす

藤ヶ谷太輔さんと4歳年上の中丸雄一さんはジャニーズ事務所に入所したタイミングが同じなのだそうです。

番組では、同期ということで、中丸さんが高1、藤ヶ谷さん小6の時の懐かしい写真が紹介されました。

当時について、藤ヶ谷さんは「すごく優しいお兄ちゃんというイメージはありました」と中丸さんに抱いていた印象を語ります。

一方で、中丸さんは「めちゃくちゃ可愛かったです、やっぱり。なんか邪気が一切ない感じでしたから本当に…真っ白な子どもでしたから」とピュアな少年だと感じていたそうです。

また、藤ヶ谷さんは「あんまり共演とかもないんですけど、久しぶりにお会いしても、なんかその当時の優しさっていうのはやっぱ残ってる感じは」と改めて中丸さんは優しいイメージが強いと主張します。

続けて、中山秀征さんが「中丸君からすると大きくなったなっていう感じ?」と話を振ると、中丸さんは「そうですね、あとめちゃくちゃ嬉しいですね、感慨深いです。というのも、Jr.の下の下の2人がこうやって日曜の朝のテレビに出られるっていうのは…不思議な感じがします」と番組で藤ヶ谷さんと共演できたことの喜びを伝えました。

■中丸雄一「本当、頑張ったなと思います」涙ぐみながら苦労人・藤ヶ谷太輔に労いの言葉

Kis-My-Ft2は今から10年前の2011年8月10日にCDデビュー。藤ヶ谷さんは「僕らもなんか、なかなかデビューできなかったので、何かあのときの気持ちいまだに残ってますね」と当時を振り返ります。

24歳でデビューした藤ヶ谷さんに、中山さんは「やっぱりそのデビューするまでっていうのは不安なところってあるわけ?」と尋ねると、藤ヶ谷さんは「ありました。本当に。全然何か何にも…なんて言うんですかね、気配ないですし、例えば後輩がデビューしたりとかもありましたし」とコメント。

また、中山さんが「中丸君のほうが先にデビューしてるんだよね」と話を振ると、中丸さんは「そうです。こんなこと言っちゃあれかもしれないですけど、今だから言えますけど、本当にもういなくなるかなっていう時期も(あった)」と当時抱いた素直な気持ちを明かします。

すると、藤ヶ谷さんは「全然呼ばれない時期、2年ぐらいありました」と辛い時期があったことを告白。

それでも、藤ヶ谷さんは「7人でデビューできて良かったなというのは思いますね」と紆余曲折を経て全員でデビューできたことの喜びを伝えます。

続けて、中丸さんは「本当、苦労人だと思うので、特に藤ヶ谷は…キスマイ自体が結構努力してる人たちだと思うんですけど、藤ヶ谷はとくに長いこと苦労していると思いますよ。本当、頑張ったなと思います。みんながみんながデビューできるわけじゃないんで」と涙ぐみながら藤ヶ谷さんに労いの言葉をかけました。

■中丸雄一の言葉にもらい泣きする人も

今回の放送に対して、ネット上では「中丸くん涙ぐみながら藤ヶ谷は苦労人とお話下さって泣ける」「キスマイや藤ヶ谷くんの苦労を知ってるからと涙ぐむお兄ちゃんな中丸くん朝からもらい泣き」「藤ヶ谷頑張ったなで涙ぐむ中丸くん」などのコメントが上がっています。

藤ヶ谷さんに「本当、頑張ったなと思います」と伝えた中丸さん。噛み締めるように言う姿を見て、目が潤んだ人もいたようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.