平野紫耀、芸能界入りを後押しした恩師の存在を明かす「その先生があって今の僕がある」

投稿日:2021/08/17 15:38 更新日:

8月17日放送の「バゲット」(日本テレビ系)では、King & Princeの平野紫耀さんがゲストとして登場。「24時間テレビ44」内で放送されるドラマスペシャル「生徒が人生をやり直せる学校」で平野さんが教師役を演じることについて語り話題を集めました。

King & Prince

■平野紫耀、芸能界入りを後押しした恩師の存在を明かす「その先生があって今の僕がある」

8月21日~22日にかけて放送される「24時間テレビ44 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めるKing&Prince。さらに「24時間テレビ」内のスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」で、平野さんは主人公の新任体育教師・樹山蒼一を演じます。

今回の番組では、樹山役を演じるために参考にした人物について、平野さんは「これは僕の中学の時の担任の先生なんですけど」と中学時代の恩師を役作りの参考にしたと明かしました。

続けて、平松修造アナウンサーが「当時の先生のどんなところを参考にされたんですか?」と質問します。

すると、平野さんは「僕が台本をもらって読んだ時に(樹山が)明るいってところと、やっぱり熱血っていうところと、ちょっとポンコツっていうところが僕の中学の時の担任の先生そっくりで…。何かその時、どういう思いで生徒と接していたのとか、何かそういう情報を参考にさしてもらいながら取り組ましていただきました」とコメント。

また、平松アナが「平野さんにとってその当時の先生っていうのはどういう存在だったんですか?」と問いかけると、平野さんは「先生の中でもより寄り添ってくれた先生といいますか…『紫耀は芸能界に向いてるんじゃないか』って言ってくれたのもその先生なので」と中学時代の恩師が芸能界入りを後押ししてくれたと言います。

そのことを踏まえて、平野さんは「その先生があって今の僕があると言っても過言ではないような」と中学時代の恩師に今も感謝しているようでした。

■平野紫耀が喉のケアのために食べていたものとは?

そして、熱血教師を演じた平野さんは、劇中で声を張って台詞を話すこともあり、喉のケアのためにマシュマロを食べていたそうです。

平野さんは「何か僕が調べたところゼラチンが喉に膜を張ってくれていいっていうのをお聞きして…。ちょうど撮影がコンサートのリハーサルとか色々重なってたので、ちょうどそれは喉を守らなきゃということでマシュマロの方を嗜んでました」と喉のケアのためにマシュマロを食べていた理由を説明しました。

ちなみに、同じく喉のケアに気を使う平松アナもマシュマロを食べると良いという話は初めて聞いたそうです。

今回の放送に対して、ネット上では「紫耀くんドラマ撮影時ノドのケアはマシュマロを食べてたさすが可愛い不思議ちゃんだね 笑」「紫耀くんが参考にしたのは中学の担任の先生。芸能界へ背中を押してくれたのもその先生なんだ。先生ありがとう」「中学の担任の先生が『紫耀は芸能界に向いているんじゃないか』とアドバイスくれたんだ!!」などのコメントが上がっています。

平野さんが役作りの参考にしたという中学時代の恩師。その先生が芸能界入りを後押ししてくれたと知って、先生に感謝するファンが多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.