関ジャニ∞大倉、秘めた高い"音楽センス"に反響殺到!凄まじい上達と努力…「可能性、無限大すぎ」の声

更新日:

3月15日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)では、「第2弾!プロが通うボイトレ講座!」を放送。大倉忠義さんが自ら通い出したというボイトレの近況が明らかになりました。ネット上では、大倉さんの歌声の上達ぶりと、努力を重ねる姿に反響がありました。

■大倉忠義、ボイトレ受講の目的は「グループの曲も出る幅が広がりますし…」

2019年12月に放送された「ボイトレ特集」第一弾は、ボーカリストの声の出し方を4つ(ミックス・プル・フリップ・ライトチェスト)に分類し、それぞれのハーモニーを深掘り。ゲストのゴスペラーズや関ジャニ∞、サバンナ高橋さんが声の分類に挑戦し、大倉さんは「ややプル気味のパワフルなミックスボイス」に分類されていました。

そして第二弾となる今回も、数千組のボイストレーニングを担当する安倉さやかさん、コーラスの今井マサキさんがゲスト出演し、前回の放送内容を踏まえながら、ボイストレーニングの実態や、簡単にできる発声トレーニングを解説。

番組内では、大倉さんが"ガチ通い"しているというボイトレの近況が公開され話題に。第一弾の収録後、大倉さんは自ら安倉さんにアポを取り、ボイトレの受講を志願したのだそう。

受講の目的について大倉さんは、「高音のピークが自分で決まっていると思っていて…(前回の放送で)『あれ?出るんだ まだ』っていうところがあって、グループの曲も(高音が)出る方が幅も広がりますし。ライブが続くと喉が潰れたりすることがあるので、なるべくそうならない様に」とコメントしました。

■ファンから「尊敬する」と絶賛の声

安倉さんによると、大倉さんは「成長したことを気づけないくらいの早さで(上達している)」とのこと。

ネット上のファンの間では「メインボーカルが2人抜けて自身もボーカルを務めることが多くなったからこそボイトレに通い、グループの幅が広げられるように貢献しようとしている姿がただただ嬉しかった」「いつも『グループの為に』って、歌う曲の幅が広がればって、自分から進化しようとする大倉くんを尊敬する」「年齢も芸歴も重ねてもボイトレを自分から志願して努力を重ねることを辞めない大倉くんかっこよ……」と反響を呼んでいます。

メンバーによると、大倉さんはライブ前にも自主的に声の調整を行っているとのこと。今後もボイトレを続けていき、さらなる歌唱力の向上に燃えているようです。

■15年続けてきたドラムが歌唱力を後押し…大倉忠義の強み"忍耐力とリズム感"

番組後半では、童謡「どんくりころころ」を使ったリズム感を鍛えるトレーニング法も紹介。口でクリック(四拍子のリズム)を刻みながら、手拍子で「どんぐりころころ」のメロディを叩くことで、リズム感が鍛えられ、複雑なメロディでも正確なリズムを刻みながら歌えるようになるのだと言います。

大倉さんが挑戦した結果、前半部分はお手本に近いリズムを刻むことが出来ていました。安倉さんは、「ドラマーなので、人よりメロディーとリズムを解離させることは上手だと思います」と解説。地道に向き合ってきたドラムは、大倉さんの歌声にも力を与えているようです。

以前出演した『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、大倉さんがドラムに出会った15年以上前のエピソードを披露しています。それによると、当時ドラムを担当していたジャニーズjr.がグループを辞めたことをきっかけに、安田章大さんがジャニー喜多川社長へ大倉さんを推薦したそう。ただ、ドラムは全く経験がなかったそうで、目の前のチャンスにしがみつき必死に練習した結果、約1か月後のライブで演奏することを認められたとのこと。

それからデビュー後も日々練習を積み重ね、現在ではDREAMS COME TRUEの中村正人さんや、 東京スカパラダイスオーケストラなどのミュージシャンも音楽番組などを通じて、大倉さんの演奏技術を絶賛。

楽器を根気よく続けてきた忍耐力、リズム感の土台があるからこそ、驚くようなスピードでボイトレの成果が出ているのかもしれません。

■大倉忠義の声の魅力とは?"低音ボイス"からハイノートまで操るボーカリストに…

大倉さんはグループの楽曲で、音程の低いパートやコーラス(下ハモり)、オクターブユニゾンを担当することが多く、ファンの間では低音の響きが美しいという定評も。ボイトレにより大倉さんの低音が軽い響きに変わってしまったという声もありますが、それは声を改造していく過程による一時的な変化のようです。

番組内で安倉さんは、今後の見通しについて「(低音と)同じだけハイノート(高音)も強いということが分かったんです。ハイノートも使っていけるような楽曲が増えてきたらいいなと思います」とコメント。

■大倉、秘めた高い"音楽センス"に反響殺到!凄まじい上達と努力…「可能性、無限大すぎ」の声

ネット上では「パワフルミックスボイスから、ボイトレでハイノート(高音)まで出るようになった大倉くんの可能性、無限大すぎない…?」「高音まで味方につけちゃったら、この先関ジャニ∞の音楽は楽しみでしかないやんね」「元から大倉くんは歌上手いしあの柔らかく甘みのある歌声も大好きで…低音のイメージあるけど高音も伸びやかで綺麗だと思っていたよ。」と期待の声が上がっています。

大倉さんは16日、自身の連載する有料会員向けコンテンツ「ウルトラハイパーくらすます」にて、歌に対する熱い思いや、様々なご縁への感謝の思いを更新。

さらに安倉さんも自身のブログにて、「収録からだいぶ日が経ちますが、最新の大倉さんはこの時からは見違えるほど声の機能が良くなっています。立ち向かうチカラも、精神力も強い上に、非常に聡明で柔軟な大倉さん。(中略)彼の中に秘める高い音楽センスと、完全に自由になった声が合わさる日を私も楽しみにしつつ、責任を持って担当させて頂きます。」(公式ブログより一部抜粋)」と大倉さんを絶賛しています。

アイドルとして経験を積んできた大倉さんが、ここへきてさらに成長し続けようとする姿に、胸を打たれた方は多かったようです。近頃の大倉さんはアイドルとして、人間としての輝きがより一層増していのではないでしょうか。今後の彼の活動からますます目が離せなくなってきましたね。

【ブログ情報】
大倉忠義さん連載「ウルトラハイパーくらすます」(有料会員向けコンテンツ)
http://www.johnnys-web.com/
安倉さやかさんブログ「U RAISE ME UP!」
https://ameblo.jp/sayaka-music/
(文:アイドル担当ライター Rei)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.