嵐・二宮和也「具体案の出ない奴の質問には答えない」プロフェッショナルな信念は『小学生に教えてもらった』!?

更新日:

嵐の二宮和也さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。4月12日の放送では、二宮さんによる失敗と緊張に関する考察が語られました。

■二宮、繰り返してしまう"失敗"について持論を展開

番組では、仕事で失敗をし、次の失敗を恐れて緊張することで、また失敗してしまうという悪循環に陥っているリスナーから「どうすれば抜け出せるでしょうか」というメッセージを紹介。

二宮さんは以前、オンラインゲームをやっていた時に出会った子どもの話を語り始めます。オンラインゲーム上では、大人がゲームを極めた子どもに「(ゲーム内で)どうやったらお金持ちになれますか?」と質問していたそう。

この質問に対し、その子どもは「どういった資金力があって、私の今資金はこれだけです、これくらいのことが自分はできます。1時間にこれだけやって、これだけの利益が上げられる現状の中、どうやったら今よりも効率よく、かつ利幅を上げられるんでしょうか?って聞かないと僕は答えません」と答えていたのだとか。

そして二宮さんは、「『なぜ失敗してしまうんだろう』、いわゆるこれがだから『お金持ちになりたい』って言ってるのと一緒ですよね」とコメント。リスナーの悩みとこのゲーム内で大人たちが子供にした質問は共通した部分があるいいます。

つまり、お金持ちになるためには、漠然とお金持ちになりたいと言ってもなれるのではなく、具体的な構築が必要であること。そして、失敗においても「そこで止まってるからずっと失敗するんですよ」といって「『なんでこの失敗したんだろう』っていう失敗からどんどん辿っていって、『この失敗をするとどういったことが起こるんだろう?』とか、失敗するっていうことを突き詰めていくんですよ。そうすると失敗しないんですよ」と自論を展開しました。

■二宮「具体案の出ない奴の質問には答えない」プロフェッショナルな信念は『小学生に教えてもらった』!?

その後、失敗からの緊張についての話へ。

「だから最悪のことをめちゃくちゃ考えるんですよ。リアリティを持って。失敗した後のその波及の仕方を永遠に考えるんですよ」と語り「そうするとそもそも緊張しなくなりますよ」とアドバイス。

そして「仮に失敗しても自分の失敗した予測よりも低いところの失敗をするから、失敗したとしてもまだそこから立て直すことが出来るんですよ」とコメント。二宮さんは、そういった失敗の想定パターンを幾つも考えることで、そこからの立て直しも出来るのだそう。

また、二宮さんは「何故緊張しないか?」「緊張する時はいつか?」といった質問もよく聞かれるそうですが「まぁ、めちゃくちゃネガティブに物事考えて、これやったらあぁなる、これやったらあぁなるって失敗策をめちゃくちゃ突き詰めていってるから、あんま緊張しないんだと思うな」と理由も明かします。

最終的に「これは本当に、これはもちろん小学生に教えてもらった」「"具体案の出ない奴の質問には答えない"って言ったあの子に僕は本当に教えられた」と自身のこういった考えは、オンラインゲーム上で出会った小学生の言葉によるものであると語りました。

■二宮のアドバイスにファンからは「心から尊敬」の声

ネット上では「小学生のことばから学ぶって、そんなことできる?人に対して一切の先入観を持たないニノの真骨頂だよ。いやいや心から尊敬!」「ニノの答えがニノらしくて秀逸。ニノは人に対して分け隔てがないけど、仕事に対してプロフェッショナル。好きが更新される」「二宮論にめちゃくちゃ納得した」といったコメントが。二宮さんの深い考え方や、小学生のリアクションを受け入れ吸収できる柔軟さに、感動や尊敬の声が複数あがっていました。

今回は、二宮さんの哲学的な失敗論が聴けた貴重な回でしたね。いつもひょうきんな二宮さんが、たまにこのような人をハッとさせる深い考え方を明かし、ファンは、このギャップにさらに魅力を感じてしまうのではないでしょうか。

【番組情報】
BAY STORM
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20200412220000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.