堂本光一、隠れきれなかった名曲『愛のかたまり』を中毒性大のアレンジ!「最高すぎる」「天才か?」と大反響

投稿日:2020/04/22 21:46 更新日:

4月22日、KinKi Kidsの堂本光一さんがジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルで動画を配信。「愛のかたまり」の替え歌を披露し、大きな反響を呼びました。

■動画を配信!タイトルは「〜家のかたまり〜堂本光一」

今回の動画は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ジャニーズ事務所が社会貢献や支援活動を行っていく「Johnny’s Smile Up ! Project」の一環として配信されたもの。

動画のタイトルは「Smile Up ! Project〜家のかたまり〜堂本光一」。実は、この動画は、KinKi Kidsの楽曲「愛のかたまり」の替え歌動画なのです。

動画では、黒い半袖のシャツを着た光一さんが、椅子に座りヘッドフォンをする姿が。あの「愛のかたまり」のイントロが流れ、リズムにのっている様子が映し出されました。

■堂本光一、隠れきれなかった名曲『愛のかたまり』を中毒性大のアレンジ!

冒頭は、いつもの歌詞通りに歌い進める光一さん。しかし、その後次々と替え歌で歌い進めます。

思い出の香りを感じた女性が男性に近づきたい衝動に駆られたことを歌う歌詞の部分では「2メートル以上開けましょう」や、歌詞が変わったことに違和感を感じないほど語呂のいい「手洗いうがいは私のためだけじゃないから」など、新型コロナウイルス感染拡大を防止するために必要なことを歌い上げる光一さん。

そして、サビでは、恋人にギュッと抱きつきたくなる想いを歌う歌詞がありますが、そこで抱きしめたら「近い あなたも家で歌うの」と相手に距離を取るよう促す言い換え。

続けて、クリスマスを"ウイルス"に言い換えて「ウイルスなんていらない 日々が家のかたまり」「あしたの朝も自粛するよね」と熱唱しました。

コーラス部分を「stay at home」にアレンジするこだわりもあり、初めから最後までユーモアを忘れない仕上がり。動画は、わずか2分15秒と短いものでしたが、メッセージ性の強い動画はすぐさまネット上に拡散されました。

■「最高すぎる」「天才か?」と大反響

そもそも、この「愛のかたまり」は、KinKi Kidsの13枚目のシングル「Hey!みんな元気かい?」(2001年リリース)のB面に収録されたもの。シングル化されていないにも関わらず、ここまで浸透しているのは、歌詞を堂本剛さんが書き下ろし、作曲を光一さんが担当した合作だということと、女性目線で歌った歌詞がファンの胸に刺さったことが大きな理由だと言えるのではないでしょうか。

当時は、ファンの間で"隠れた名曲"として人気でしたが、KinKi Kidsのコンサートで歌われたり、ジャニーズJr.がカバーしたりと、人気すぎて "隠れきれなかった名曲"となりました。

そんなKinKi Kidsにとっても、ファンにとっても思い入れの深い曲を真面目に面白く、聴きやすくアレンジしてくれたことにファンは歓喜。

ネットでは「家のかたまりが最高すぎるw」「いろんな意味でうますぎる。 全く違和感ない。 天才か??」「『家のかたまり』中毒になってもーたやないかどーしよ、鬼リピした結果、イントロ流れた瞬間に笑ってまうよーになってもーた」などの声が上がりました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が求められ、家から出られず浮かない気持ちだった人も、この動画を見て笑顔になった人は多いのではないでしょうか。いつか、剛さんと二人で歌う替え歌も披露して欲しいですね。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.