木村拓哉、香取慎吾とお揃いの"思い出の品"語り、ファン感無量…「存在がしっかり残っていますので」

更新日:

12月1日放送の「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(TOKYO FMほか)。今週は、来年1月8日発売のアルバム『Go with the Flow』の収録曲をOAしながら、レコーディングの裏話を披露。楽曲と「ビストロSMAP」の意外な繋がりが明かされました。

「ローリングストーン」 のイントロで使われたグラスは、驚きの…

今回の番組は、アルバム「Go with the Flow」の楽曲をOAしながら、木村さんがレコーディングの裏話をたっぷり語りました。中でも注目を集めたのが、御徒町凧さん作詞、森山直太朗さん作曲の「ローリングストーン」。

サビに『溶けた氷がおやすみとグラスの中で鳴った/転がる石のように』という歌詞があり、イントロでの「グラスの中で氷が溶ける音」が印象的な楽曲です。

木村さんは、「うちにすごくごついロックグラスがあって、これカッコイイと思って(スタジオに)持って行ったんですけど…」と経緯を説明。

そのグラスにはサインが書いてあったそうで、「読んでみたら『To TAKUYA』『会えてうれしかったぜ。ロバート・デ・ニーロ』って。え…ロバート・デ・ニーロ!? みたいな…」と、意外な人物に驚いたといいます。

「以前、『BISTRO SMAP』にゲストで来てくれた時があるんですよ」と木村さん。ハリウッド俳優のロバート・デ・ニーロさんは、以前、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組『SMAP×SMAP』のコーナー「BISTRO SMAP」に出演し、木村・香取ペアへの勝利の品として、直筆サイン入りグラスをプレゼントしていました。 

木村拓哉、香取慎吾とお揃いの"思い出の品"語り、ファン感無量…

SMAP時代の思い出のグラスで、「ローリングストーン」のイントロ制作に臨んだ木村さん。

「グラスについた水を取りながら録音して、サインもどんどん消えていって。『あれ?これ大丈夫か?』と思いながらも…無事撮り終えました。グラスのサインは8割方消えていました。でも、アルバムの音源にしっかりとグラスの存在が残っていますので、グッジョブ! というナンバーになっているはずです。ぜひ聞いてください」と、自信を覗かせていました。

この裏話にネット上では、「ビストロスマップ!! 話してるよ」「ビストロSMAPー!!! 慎吾ちゃんとお揃いのだよねー」「SMAP、スマスマ、ビストロなどのキーワードをメンバーが放っても最近ビックリしなくなってる。 「日常」が少しずつ戻ってきている気がしてる!」と、ファンからの歓喜の声が上がりました。

さらに、「サインは8割方消えたけどその存在はアルバムに残ってるって。うん キャプテンらしいなぁ」「アルバムの音源にグラスの存在が残ってる~」「氷の音。こういうのとかもうね。 木村さんの愛する物つくりの世界を、ぎゅっと凝縮したアルバムなんだ」と、楽曲の中にSMAP時代の思い出が入っていることに胸を打たれたファンも多かったようです。

贅沢な神回にファンも歓喜

番組ではこのほか、稲葉浩志さん作詞の「One and Only」、 [ALEXANDROS]の川上洋平さんが手掛けた「Your Song」、LOVE PSYCHEDELICOが手掛けた「My Life」をOA。

ネット上では、「凄い!全方位の歌がある!これだ!これが聴きたかった!この木村拓哉の歌が聴きたかった!」「うぅ素敵な曲ばかりやな…。たっくんの声が沁みるよ~」「木村拓哉の純度が高い!クオリティ高いし最高すぎる。アルバムGo with the Flow楽しみすぎる」と、アルバムの完成度の高さに感嘆の声が上がりました。

木村さんが楽曲制作の裏話をたっぷりと語ったことで、アルバムのリリースがますます楽しみになりましたね。

今回の放送はタイムフリーで聴くことが出来ますので、聴き逃した方はぜひチェックしてみてください。
http://radiko.jp/share/?t=20191201113000&sid=FMT

(文:MAIKO)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.