家政夫のミタゾノ、SNSで『あな番』オマージュ回と予想続出も…実は『おっさんずラブ』だった!?

更新日:

7月3日に放送された「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)第5話。今回も視聴者の予想を遥かに超えるストーリー展開が話題となりました。

■第5話のあらすじは?

今回、三田園薫(松岡昌宏さん)と霧島舞(飯豊まりえさん)が依頼を受けたのは、共働き家庭の秋本宅。

主人である秋本雄太(袴田吉彦さん)は、とある公園で不倫相手と密会中に金属バッドを持った男性が何かをボコボコに殴っている場面を目撃。

とんでもない場面を見てしまったのではないかと確信した雄太は警察に届けようとしますが、不倫相手と一緒にいたことがバレてしまうことを恐れ、その場から逃げ出してしまいます。

しかし、そのバッドを持っていた男性・白井寿(大浦龍宇一さん)が隣に引っ越してきて…。

最後は予想外の展開が待ち受けていました。

■伊野尾の泣き顔にキュンキュンが止まらない?

伊野尾慧さん演じる村田光は、心優しいピュアな青年。感受性豊かで毎回何かに感動し、涙してしまうシーンがあります。

今回は、白井が雄太に失恋したシーン。「白井さん…かわいそう…」と涙した光ですが、ネット上では多くのファンが反応しました。

「ひー坊、毎回泣いてる…優しい…」「伊野尾くんの泣き顔なんかキュンとする」「ひー坊!!また泣いてるじゃん!」「もはや定番になりつつある、村田光の涙」など。

ドラマだからこそ見ることができる伊野尾さんの涙ですが、キュンキュンするといった声が続出。多くのファンの母性本能をくすぐったようですね。

■家政夫のミタゾノ、SNSで『あな番』オマージュ回と予想続出も…実は『おっさんずラブ』だった!?

今回のストーリーは、袴田吉彦さんが出演していること、殺人臭がすることなどでネット上では、「あなたの番です」(日本テレビ系)のオマージュ回なのでは、といった予想が続出。

しかし、ストーリー終盤では殺人鬼だと思っていた白井が実は雄太に恋するストーカーだった事実がわかり、「あな番かと思ったら、おっさんずラブか~い!(笑)」「今日の家政夫のミタゾノは、あな番匂わせたおっさんずラブでしたw」「まさかのおっさんずラブ…!(笑)」などのコメントが続出しました。

真相はわかりませんが、毎回何かしらの仕込みがある「家政夫のミタゾノ」なので、視聴者もさまざまな予想をする楽しみが増えているようです。

今回の放送では、伊野尾さんが涙するシーンやドラマのストーリー展開が他のドラマのオマージュ回なのではと予想される声が多くあがっていました。

放送中、Twitterでは「#家政夫のミタゾノ」がトレンド入りするほど話題に。

次回の放送ではどのようなストーリー展開で私たちを楽しませてくれるのか、今から楽しみですね。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.