「ほんまにえらいことになるぞ」関ジャニ∞村上信五、体調不良の大倉忠義に向けた言葉にファンも感動…!

更新日:

毎週日曜日深夜放送のラジオ番組『村上信五の週刊!関ジャニ通信』(ABCラジオ)。8月16日の放送では、Johnny’s netオンラインにて8月8日に生配信された『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025〜大好きなこの街から〜』についての裏話を紹介し、ネットで話題を呼びました。

■村上信五、無観客ライブの悩みを吐露?

7月28日から始まった、Johnny’s netオンラインでの生配信イベント『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025〜大好きなこの街から〜』。8月8日の配信では、関ジャニ∞のみでの生ライブが行われました。

無事生配信を終えた村上さんですが「あれがもうやっぱわからんな。なんぼやってもまぁもう...これ、ほんまに思てんけど『生配信でしたっていうドッキリやった』って言われても俺らはやっぱもうわからんで?あのシステムは」と、無観客ライブならではの悩みを吐露し、いつか本当にそのようなドッキリに引っかかるのではないかと、今からビクビクしている様子でした。

■「俺のファンばっかりやでー!」客席いっぱいの"村上うちわ"で伏線回収!?

配信を観たリスナーからは『この日のために準備された村上くんのうちわを、是非セットで販売して欲しい』という要望のお便りが。

実は、生配信当日の誰も座っていない客席に、村上さんのうちわが大量に置いてあるという演出があったのだそうです。

そのうちわの写真には何種類かのパターンがあり、その後の関ジャニ∞のMCトークで、うちわの写真はこの日のためだけに村上さんがわざわざ撮り直したものだという裏話が明かされていました。

このお便りに村上さんは「ハッピーライブをやらせていただいた時にね、客席には誰もいないけど僕が勝手に冗談で『おいおい今日の客席俺のうちわばっかりやないかー!』(と言って)んで、横山(裕)さんが『あ、村上さんにはそういうふうに見えてるんですねぇ』『おう俺のファンばっかりやでー!』っていう茶番をやってたんですよ」と説明。

6月17日に行われたJohnny’s netオンラインでの配信イベント『Johnny's World Happy LIVE with YOU』内で、横山裕さんとこのようなやりとりをしたのだと再現しました。

このやりとりがあってスタッフと話し合いをし、その後行われた『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025〜大好きなこの街から〜』で本当に客席にうちわを置いた冗談演出をしたのだと語りました。

この見事な伏線回収に、ネットでは「え〜さすが!」「前の配信で全部俺のうちわ〜って言ったの覚えてたんだ!」「スタッフさんの愛にも感謝」とファンが大絶賛の様子でした。

■うちわ販売希望のファン「グッズで販売される日が来ますように...」と切願

また、販売希望の声があったことについては「売るほどの物でもないから、量産はせんと、MAXの席数のみで(作成した)」「これはあの、残念ながら非売品なので。売れないんですよ」と半笑いで説明した村上さん。

スタッフから、販売希望のメールがたくさん届いていると知らされると「(販売したら)いやいや赤字やそんなもん。たぶん」と、謙虚な姿勢を見せた村上さんでしたが、また違った形でグッズになるなどがあるかもしれないと、ファンにほんの少しの希望を持たせました。

販売したら赤字になると言っていた村上さんでしたが、ネットでは「うちわ!!両面!!欲しいんです!!」「非売品と言われても買いたいのがファン心理よ信ちゃん!」と、販売を切願するファンの声が続出。

最後は「関ジャニ∞のこのノリというか、あぁいう状況でしか出来ない遊びをちょっとやってみようという...まぁまぁ僕の悪ノリですけどねぇ。まぁそこもよう気付いてくださって。ま、楽しんでいただけたらありがたいですけど」と、細かいところまで観ていたファンに感謝の言葉をおくったた村上さんでした。

■村上信五、大倉忠義主演ドラマに「けぇへんかったなーまたオファーが」と嘆く

関ジャニ∞の大倉忠義さんが、来年1月から放送予定のドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)の主演に決まった話題に触れた村上さん。

「けぇへんかったなーまたオファーが」と、自分に連続ドラマの仕事が来ないことを冗談まじりに嘆きます。

2009年の連続ドラマ出演以来11年、連続ドラマの仕事が来ていないという村上さん。主演作品でいうと2013年に、スペシャルドラマとして放送された『ハクション大魔王』(フジテレビ系)が最後であると明かすと、スタジオは笑いに包まれました。

■「ほんまにえらいことになるぞ」村上信五、体調不良の大倉忠義に向けた言葉にファンも感動…!

大倉さんは、8月8日に行われた『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025〜大好きなこの街から〜』の生配信の出演を、自身の体調を考慮した上で欠席していました。ドラマの他にも出演映画の宣伝や取材も控えていたという大倉さん。

村上さんは、新型コロナウイルス感染症が拡大したことで、ドラマの撮影やその出演者、スタッフなどにも影響が出てきていて、今までのドラマ撮影よりも時間も労力もかかるのだと力説します。

また、今回大倉さんが生配信を欠席した背景について「いろいろね、すったもんだはありましたけどまぁ"主演"ってなっててここで穴開けることの方が、ほんまにえらいことになるぞと」と、多忙を極める大倉さんの体調を配慮してのことだったと説明しました。

最後は「度々ねご迷惑をおかけして、Eighter(関ジャニ∞のファン)の皆さんには申し訳ないですけれども、ちょっとねご理解していただいた上で、是非楽しんでいただけたらと思います」と、関ジャニ∞のファンに向けてメッセージを送る村上さんでした。

ネットではファンからの「ご迷惑はおかけしてないよー」「村上くんの言い方優しいな」「関ジャニ∞が最高のチームだということがめちゃくちゃ伝わる」といった、優しさで溢れたコメントが続々と上がりました。

今回は、生配信での"村上うちわ"の裏話に、興奮が蘇りそうな回になりましたね。また、村上さんから語られた大倉さんのエピソードを聞き、改めて関ジャニ∞の絆の強さを確認できたファンも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
村上信五の週刊!関ジャニ通信
http://radiko.jp/#!/ts/ABC/20200817000000
(文:アイドル担当ライター 椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.