東山紀之「SMAPの中居が来て」ジャニー喜多川氏の病床で中居正広がとった驚きの行動

更新日:

11月21日放送の「サワコの朝」(MBS・TBS系)に、東山紀之さんがゲストで登場。昨年7月に亡くなったジャニー喜多川さんについて語り、話題を集めました。

■東山「SMAPの中居が来て」ジャニー氏の病床で中居がとった驚きの行動

阿川佐和子さんが、「去年はジャニーさんが亡くなられたっていう。それからね、もう1年も経つ」と語りかけると、東山さんは「そうですね。 もうあっという間に1年経ちましたね。まあ、ジャニーさんも倒れてから亡くなるまで、3週間あったんですね。その間、意識を取り戻すことはなかったんですけど」と、当時の記憶を回顧。

東山さんによると、ジャニーさんがクモ膜下出血で倒れた時、連絡がきて病院に駆けつけたそう。

その時のことについて、東山さんは「その日の夜がいわゆるヤマだって言われてたんですけど、それからやっぱりすごいもので、中居が…。SMAPの中居(正広)が来て、とにかくうちの事務所の今まで出した曲をずっと病室で流そうって言って」と、中居さんの提案で病室でジャニーズの曲を流したのだそう。

「そしたら、血圧が戻ってきて、それでやっぱり こう、なるべくジャニーさんに刺激を与えようってことになったんで…」と、東山さんは語りました。

続けて、「多分、タレントたちがみんな行っては、『ジャニーさん、どうも』みたいな感じで、そこで集まったりとかしてたんですね。そしたらほんと、亡くなるまで3週間あったんで、もう全てのタレントがお別れの挨拶じゃないですけど、まあそれを済ますことができたんですね」とコメント。

また、「すごい小さいJr.の子なんかが来た時に、これもビックリしたんですけど、舞台のパンフレットの写真『ジャニーさん、どれがいい?』ってやっぱり聞くんですよ、倒れてるジャニーさんに。そうするといいものの場合は血圧がグッと上がって…。これはよくないって時、血圧がスッと下がるっていう、すごいなっていう。なんかそれも意思を表明しようとしてたのが、ちょっとみんなビックリしちゃって」と、血圧で意思表明するジャニーさんの姿に驚いたことを明かします。

■東山の娘が好きなジャニーズアイドルとは?

話が変わり、自身の7歳と9歳の娘について、東山さんは「もう既にその気配はあるんで」と、自立したいという気配を感じさせるようになってきたことを明かします。

続けて、「今、好きな男の子のことをよく話はしてくれるんで」とコメント。

すると、阿川さんは「あっそうなんですか。だってそれこそ、ジャニーズの好きなタレントさんとかアイドルとか」と問いかけます。

これに対して、東山さんは「ああ、中島健人のことは好きみたいですね…。『ケンケンケンケン』って言いながら、やっぱりすごい喜んでますけどね」と、2人の娘はSexy Zoneの中島健人さんのファンとのことでした。

今回の放送にはネット上で、「娘さんの好きなアイドルで健人くんのお名前。『中島健人のことは好きみたいですね』ケンケンって」「中居くんがジャニーさんの病室で曲流そうって提案したとか、やっぱ中居くんすげー。ジャニーさんが倒れた直後って、東山さんもだけど、中居くんも居ても立ってもいられなかった時じゃないの」「東山さん、話の中で当たり前のように『SMAPの中居. . .』といってくれた。それだけで嬉しい。朝からパワー頂きました」などのコメントがあがっています。

ジャニーさんのために曲を流そうという提案する中居さんの行動に、感銘を受けた方が多かったようです。

また、東山さんの2人の娘さんが中島さんのファンというエピソードも微笑ましかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.