Hey!Say!JUMP中島裕翔「多分これ怒られると思うんですけど」ズボラな行動を告白!スタッフも「え?って…」

投稿日:2021/01/29 11:36 更新日:

毎週木曜深夜放送の「Hey!Say!7 Ultra JUMP」(文化放送)。1月28日の放送は、前回に引き続き中島裕翔さんが担当。真面目なアドバイスや、少々ズボラなアドバイスなど、さまざまな顔を見せる中島さんの発言が話題を呼びました。

■誕生日を迎えるメンバーにバースデーソングをプレゼント

番組冒頭、中島さんは「今日は1月28日ということで、もうすぐ薮くんの誕生日!皆さんでお祝いしましょうか」とコメントし、自らバースデーソングを歌いながら、誕生日を間近にひかえた薮宏太さんをお祝いしました。

さらに中島さんは「(1月)31日で31歳?こないだ30歳になったばっかりってイメージだけど…うわ~怖いな~(笑)」とコメント。薮さんについては「薮くんはWOWOWでね、『リーガダイジェスト』とかやってますけど。いっつもニコニコで、すっごい可愛らしいおじさんだなと思いながら。今後も歌が上手くてカッコいい王子様の薮くんをね、これからも見せ続けてほしいなと思います!」と語っていました。

これに対しネットでは「裕翔くん、薮くんへのバースデーソング歌ってるの可愛い」「アイドルが、ファンの前でメンバーのことを"王子様"って言うの、すっごくいいなと思った!裕翔くんのそういう考え方とか、当たり前のようにサラサラと褒めるところとかが大好き」などの声が上がっていました。

■リスナーからのお悩みに真剣アドバイス

続いてリスナーからのお便りで「時間が限られている中、曲を仕上げるのに焦ってしまうことはあるか」という質問が寄せられました。

中島さんは、「今回の『Fab!-Music speaks.-』ってアルバムを作るにあたって、とても限られている時間の中で、それぞれが個々の仕事をして忙しい中で、レコーディングをしたりっていう感じでしたけど」と、グループでのアルバム制作の話を例に出したうえで「基本、僕は最近、何かこう制作している中で、時間が決められている中で作り上げるものは『その限られた時間の中で出来たものが自分の実力だ』っていう風に思うようにしてます。もうそれ以上もそれ以下もないと」と語ります。

さらに、ペースを上げて練習しなければいけない場合の練習方法については「やっぱり、落ち着いてやるってことは大事だよね。結局焦ってやっちゃって、なあなあになって、もう一回最初からってなると凄く効率が悪いので」「昨日やったばかりのこと、なんとなく覚えてるけど忘れてるところもある。じゃあ、その忘れてることを補完してもう一回つるっとやってみる。で、もう一回出来なかったところがあれば、そこを潰してくっていう戦法みたいなね」と、具体的な例を挙げてアドバイスを送りました。

ネット上では「物事への考え方というか、志の仕方というか。真面目な話題も出来て素敵です…」「アドバイスが的確だし、考え方にすごく納得できる、腑に落ちる。どうしたらそんなにしっかりした考え方ができるようになるんだろう」など、感心する声が多数上がっていました。

■中島裕翔「多分これ怒られると思うんですけど」ズボラな行動を告白!スタッフも「え?って…」

中島さんの趣味の一つであるカメラに関するお悩みで、リスナーから「かさばる一眼レフカメラとレンズの運び方に困っている」というお便りが届くと、中島さんからは等身大のアドバイスが飛び出しました。

「あの…もう最悪ね?僕、多分これ怒られると思うんですけど、最悪紙袋に、あの…(笑)。(スタッフが)え?って顔するじゃないですか(笑)。紙袋にそのまま入れませんよ、もちろん。家電量販店とかに売ってる、カメラバッグの中を仕切るスポンジのやつがあるんですよ。そういうのに(スポンジにカメラを)入れるだけでも全然変わります。それでも守れるんで」「それぐらいだったらね、多分問題ないですよ!とても堅牢(けんろう)な作りしてるし、いいカメラはね。やっぱしっかりしてるんで」と、気軽に実行しやすい方法を、さらりとアドバイスする中島さん。

さらに、あまりにズボラだと思われるのを避けるためなのか「僕の場合は最悪、こんなけズボラな運び方がありますよっていうのを紹介しました」と、自身でフォローを入れていました。

これに対しネットでは「"堅牢"って!裕翔語録だなぁ」「最悪カメラを仕切るスポンジを入れた紙袋に入れて持ち歩く裕翔くんは、とても好きな裕翔くんでした」「紙袋というワードが出た時点でスタッフさんにちょっと笑われたからって、少し気にしたのか『これは最悪こうも出来ますよっていう1番ズボラなやつ!』とか言ってちょっと保険かけてるの、めちゃ可愛かった」などの声が上がっていました。

時には親身になって真剣なアドバイスを送り、時にはリスナーと同じ目線になって、取り入れやすいアドバイスができる中島さん。今回は、まさにそんな中島さんの魅力が詰まった内容だったのではないでしょうか。

次回からは知念侑李さんが担当するようなので、そちらも楽しみですね。

【番組情報】
Hey!Say!7 UltraJUMP
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20210129000000

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.