「熱狂の嵐の真ん中にいた男の名前は櫻井翔」福山雅治が“もっと売れなきゃ”と決意させられた過去を激白!

更新日:

11月14日に放送された「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)。今回は福山雅治さんがゲストとして出演し、福山雅治さんの人生を振り返る「福山雅治記念館」が開催されました。この中で福山さんが“もっと売れなきゃ”と決意した時について語り話題になりました。

(画像:EPA=時事)

■「熱狂の嵐の真ん中にいた男の名前は櫻井翔」福山雅治が“もっと売れなきゃ”と決意させられた過去を激白!

今回の番組では、ゲストの福山雅治さんに対し、櫻井翔さんから「嵐メンバーの接点は?」という質問が。

福山さんは「僕印象的だったのは北京五輪の時に、北京の空港についてスタッフの方から『空港降りたらものスゴく人だかりができてるから気をつけてください』という話があった」と振り返ります。

そこで「じゃあ、ちょっと写真とか撮られてもいいように」とお直しをするためにお手洗いに行ったという福山さん。

「そしたらそこ(トイレ)に櫻井くんがいて、櫻井くんが先にでて、僕は『どう撮られてもいいように仕上がったかな…さぁ行こう』と思って(トイレを出た)」とコメント。

続けて「遠くに黒山の人だかり、ファンの方、報道陣の方がいらっしゃってその熱狂の嵐が少しずつ動いてるんですよね。いやいやいや、俺まだここにいるけど…って。その熱狂の嵐の真ん中にいた男の名前は櫻井翔。だから思った。もっと売れなきゃいけないって」とジョークを交えて語り、スタジオの笑いを誘いました。

ネットでは「福山さんって本当におもしろい(笑)」「櫻井くんを立てる福山さん!」「笑っちゃった(笑)」などの感想があがっていました。

■名曲『HELLO』に隠された秘話とは?

名曲として知られる福山さんの楽曲『HELLO』。今回は1995年に発売されたこの曲に関するエピソードも明かされました。

福山さん曰く、デモンストレーションの段階で貰う仮歌を聞いたときに、プロデューサーの息子さんが「なんかHELLOって言ってる気がする」と言ったそうです。

いつもは、歌詞を書いたあとにタイトルを決める福山さんですが、『HELLO』の時だけは最初から『HELLO』と決めていたと言います。

しかし、この歌には歌詞の中に一言も『HELLO』という言葉はでてこないんだとか。二宮和也さんから「後のにその子に言ったりはしたんですか?」と質問があると、福山さんは「言ってない。でもこれ見たらわかると思うんですけど」と語り、これを聞いた嵐のメンバーは「嬉しいだろなぁ」と微笑んでいました。

ネット上では「はじめて知った!福山さんらしい」「その子、自分の発信って気が付いたら嬉しいだろうなぁ」「歌詞にHELLOが入ってこないのが、逆にかっこいい」などの声があがっていました。

福山さんがゲストということで、今回は櫻井さんとの思い出や名曲の秘話まで明かされファンにとっては貴重なエピソードばかりでしたね。

■神回の予感?来週の予告にファンが沸く

また、Twitterで話題となっていたのは来週11月21日の放送について。

番組中に流れた予告では、ゲストの人生を振り返る「〇〇記念館」で「相葉雅紀記念館」が開催されることが明かされました。

さらに、ゲストは相葉雅紀さんと親交が深い関ジャニ∞横山裕さんと俳優の風間俊介さん。

ネット上では「この仲良しメンバー、絶対マウントの取り合いになる(笑)」「もう楽しい(笑)神回になりそうな予感…」といった感想から「これ毎週嵐メンバーの記念館が開催されるんだよね…?」「なんか、最終回が近付いてる感があってしんみりしちゃう」といった声が。寂しさを感じる人もいましたが、この情報にファンは大いに沸いて特別な回になると確信した人が多かったようです。

来週の放送もファンにとっては見逃せない回となりそうですね。今から放送を心待ちにしているファンも多いのではないでしょうか

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.