堂本剛『これこそが幸せなんだな』と感じる“小さな幸せ”とは?共感するファンの声続々

更新日:

毎週土曜日放送のラジオ番組『堂本剛とFashion & Music Book』(bayfm)。9月26日の放送では、剛さんの感じる"小さな幸せ"について語られ、ネットで反響を呼びました。

■堂本剛が『あぁ幸せやなぁ』と感じることができるとき

今回は「小さな幸せ見ぃつけた!」というテーマでトークがスタート。

剛さんが最近感じたささやかな幸せは『地元の食材を身体に取り入れたとき』なのだそうです。元々昔からやっていたことではあったようですが、今ではより幸せを感じる時間になっているのだとか。

地元の白米を食べた時などに「なんか、『あぁ幸せやなぁ』って思うよねぇ」「お食事いただけるってこともすごく幸せなことだしさ」と思うという剛さん。改めてその時の幸せを噛み締めているようでした。

「『なんかしんどいなぁ生きるって』って思うこといっぱいあって、いまだにいろいろあるけれども...」と、少し神妙な様子で語り出した剛さんでしたが、食材などで地元を感じる時間があると、その当時の自分に戻れるのだと言います。

そのような時間があると「なんかちょっとこう、安心したりね、落ち着いたりするなぁっていうのがありますよね」と、落ち着いた声色で語りました。

■堂本剛『これこそが幸せなんだな』と感じる“小さな幸せ”とは?

リスナーからのお便りも紹介した剛さん。このリスナーは「お味噌汁が美味しくできた時」に小さな幸せを感じるのだと言います。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響でいろいろな事に制限がある今の世の中。そんな中で"生活を充実させるには?"と考えた時に、旅行やお出かけなどの非日常的な大きな幸せは後にとっておいて、今の日常を大切にしないといけないなと感じるようになったというリスナー。

最近では、些細な幸せに気づくたびにスマートフォンにメモを残したり、自分の子どもに今日楽しかったことを教えてもらったりして、幸せを思い出す機会をつくっているとのことでした。

このお便りを読んだ剛さんは「この方はでもすごいですね」と感心した様子で一言。

非日常的な幸せよりも今の日常を大切にすることで、今の生活を充実させているというリスナーの言葉に「これはすごいことだなぁと思いますよ。やっぱりストレス溜まってたら、旅行とかお出かけしたいなっていうふうになりますけれども、それはまた後にとっといたらいいかっていうね」と、リスナーの発想の転換を絶賛しているようでした。

また、些細な幸せに気づいた時にメモをとる事は未来の自分に対してとても良い事なのではないかと語る剛さん。

「今はこの、家族と寄り添うことだったり、些細な時間だけれども他愛も無い時間だけれども『これこそが幸せなんだな』という事に気づきながら、その時間に寄り添って立ち寄って今過ごしていこうという、なんかそういうふうな気持ちになる」と、最後は温かい言葉で締めくくりました。

■堂本剛の言葉に共感するファンの声続々

ネットでは「地元の食材を食べる事で幸せの時間を過ごされてるの素敵よね」「地元を感じる時、安心したり落ち着いたりする」「奈良のお米は剛さんのパワーの源だね」と、剛さんの"小さな幸せ"に共感するファンの声が。

また、「優しい言葉、気持ちに心が暖かくなる」「剛さんが今幸せと感じて生きていてくれる事が本当に嬉しい」「剛さんが幸せでありますように」と、剛さんの幸せを心から願うファンの声も上がりました。

今だからこそ感じる"小さな幸せ"を大切にしていこうと改めて感じたファンもいたのではないでしょうか。

【番組情報】
堂本剛とFashion & Music Book
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20200926220000
(文:アイドル担当ライター 椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.