堂本剛、冷たい雨の日に起きた"不運"でさえも『幸せ』。ファン「さりげなく大切なことを…」と感謝の声

更新日:

毎週土曜22時放送のラジオ番組『堂本剛とFashion&Music Book』(bayfm)。2月22日の放送では、堂本剛さんが自らの『幸せ』について語りました。

■堂本剛"荷物を減らす方法"でついにヒントが見つかる…?


今回の放送では、剛さんの長年の悩みでもある「荷物を減らすにはどうしたらいいのか」という話題に。

剛さんは"荷物の量が少ないほうがカッコいいのでは?"という思いから、荷物を減らすための方法を番組でたびたび募集していますが、ファンからは「無理に荷物を減らさなくていい」「剛くんの鞄に入れてもらえる荷物たちが羨ましい…」というような、愛にあふれるメッセージが多く届いたようです。

これについて剛さんは「甘やかしの言葉を頂きましたねぇ」としみじみ。ただ剛さんは、心配性ということもあり「最低限これは入れときたいなと思って入れることになるなぁ」と、荷物が増えてしまう理由を自己分析。そしてバッグの中に入れる収納アイテムを「限りなく小さくしてしまえばいいんですね。そうすることによって、もうちょっとコンパクトになれるな、確かに」とヒントが見つかったように話しました。

■堂本剛、冷たい雨の日に起きた"不運"でさえも『幸せ』

その後、「人からしたら無駄にも思えるような時間を過ごしてる時って、ボク、一番幸せを感じるんですよ…」と語った剛さん。

「まあ、くだらない時間…えー、そうですね、この前で言えば、友達がね、『今日休みなんで遊びに行きませんか?』みたいなこと言ってくれてね。『食べさせたいものあるんで、黙って車乗ってくれませんか』って」と語り出しましたが、どうやらこの出来事にはちょっぴり不運な結末が。

「お店に着いたんですけどね、シャッター降りてて」と、冷たい雨が降る中、40分かけてこの店に着いたのに店が閉まっていたことを報告。続けて「で、来た道を戻るという無駄な時間過ごしたんですよ。休みですよ?何やってたんやろ俺って思うんですけど、それが幸せというか…『無駄な時間過ごしてたな〜俺』って」と、笑い交じりに話す剛さん。忙しい毎日を過ごしているからこそ、ふと生まれた無駄な時間や何でもない瞬間を大事にしているのかもしれませんね。剛さんの優しさがにじみ出るエピソードだったのではないでしょうか。

さらに、話題は"荷物を少なくする"ということに戻り「いかにカバンの荷物を少なくするか、ってどうでもいいことなんで、どうでもいいことに時間を費やしている自分が愛おしいですね。僕はどうでもいい時間を過ごそうと思う」とコメント。剛さんは、この収録が終わって帰宅したら、荷物を減らすために「1時間かかるかな〜かからないぐらいでいろいろ奮闘してやるんですよ、曲書かなあかんのに」と曲作りよりも、一見人から見ると"どうでもいい"と思われかねない"荷物を減らす研究"をすると宣言。

そして、そんな過ごし方をすることで「無駄な時間を過ごしたことによりできる曲があるかもしれないので」とまとめました。

■ファン「さりげなく大切なことを…」と感謝の声

今週の放送を聞いたファンからは、ネットに「無駄な時間が楽しいって思える心のゆとりが、今の時代必要なんじゃないかなあ~って思う。こういうことが心の豊かさに繋がるんだろうな。さりげなく大切なことを教えてもらったような…。今日も素敵なラジオありがとう」「どうでもいい時間を楽しめる剛くん素敵」「無駄な時間…メッセージ送りたいけど全然浮かばない。余裕のない生活してるんだなあ」といったコメントが上がっていました。

剛さんが語った「無駄な時間」も日常には大切だと感じたファンが多かったようです。今回は、日々の幸せや生き方について改めて考えさせられたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
堂本剛とFashion&Music Book
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20200222220000
(文:アイドル担当ライター 青木パンダ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.