指原莉乃、里咲りさを一刀両断!「小さい自分の国で…」の名言に『本物の一流アイドル』と絶賛の声!

更新日:

2月22日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)に、アイドルの里咲りささんがゲストとして出演。里咲さんからアドバイスを求められた指原莉乃さんが手厳しい言葉を伝える場面が話題となりました。

(画像:時事)

■里咲りさが「有吉反省会」に登場

「お金欲しさに適当な物を高額でファンに売りつけまくっている」ことを反省しに番組に出演したのはアイドルの里咲りささん。

2014年に「GAME×3恋のテレポート」でCDデビューを果たした里咲さんは、ライブグッズとして100円で購入したペラペラのタオルに手書きの名前を書き1000円で販売しているとのこと。

また、他にも100円の品物に名前を書いたグッズを販売しているという里咲さんは、スーパーのレジ袋に名前を書いて販売したことを明かしました。このレジ袋を投げ銭したところファンの中には10000円を持ってきた人もいたそうですが、流石に「1000円でいいです」と伝えたと話しました。

里咲さんは儲けが出たタイミングできちんとしたグッズを作ったそうですが、逆に売れずファンからは「何でガサガサじゃないの?ガサガサで酷いタオルが欲しい」と言われたのだとか。

里咲さんの話を聞いて、司会の有吉弘行さんが「指原も同じようなことしてる?」と指原莉乃さんに質問。これに対して、指原さんは「やるわけない!私、こんなコスイことしなくてもお金ある」とコメントしました。

■里咲りさは「惨敗」バカリズムも厳しい!

また、里咲さんは「50音ウソつき」という「50音を言ってくれたらウソがつける」特技があると話し、共演者に「何か言ってください」とリクエストするもスタジオは沈黙。

流石にそれは可哀想なので有吉さんが何か言うように指示されたIVANさんは「ん」をチョイス。まさかの展開に里咲さんは「『有吉反省会』って意地悪なんですか?もっといい扱いだと思って来たんですよ」と絶叫。

里咲さんは何とか「ンガンダに土地がある」とお題に対して答えるも有吉さんから「尼神インターの誠子に似てる時あるね」と、全く違うことを言われお題の答えを完全にスルーされてしまいます。さらに里咲さんは、そんなリアクションではなく「くっだらねー」と言って欲しかったとコメント。爪痕を残そうとするもうまくいかない里咲さんに対して、バカリズムさんは「諦めろよ!惨敗なんだよ」と手厳しい言葉を浴びせました。

■指原莉乃、里咲りさを一刀両断!「小さい自分の国で…」の名言に『本物の一流アイドル』と絶賛の声!

一方で、指原莉乃さんは「小さい自分の国で面白いとされてる奴ってダメなんです。オタクに褒められてるだけだから」と"バラエティはそんなに甘くない"とダメ出し。さらに、里咲さんがアドバイスを求めると指原さんは「辞める」と一刀両断しました。

アイドルとして頂点を極めた指原さんの名言にはネット上で「指原さんが地下アイドルをナタでなぎ払う有吉反省会」「有吉反省会で『小さな自分の世界でおもしろいとされてる奴はつまらない』という名言を残してくださった指原莉乃大先生」「有吉反省会の指原さんカッコよかったな本物の一流アイドルさんや」などのコメントが上がっています。

今回、指原さんから飛び出た的を射た名言。どんな時でも客観的に物事を判断できる冷静さが指原さんの魅力だと、改めて感じた人も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
有吉反省会
https://tver.jp/corner/f0047152
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.