深すぎて“まさに深夜ドラマ”と好評の『 #バベル九朔 』菊池風磨×髙地優吾の親友ぶりにファン歓喜!

更新日:

SexyZoneの菊池風磨さんが主演をつとめるテレビドラマ「バベル九朔」(日本テレビ系)。初回放送となった10月19日の第一話では、菊池さんとSixTONES・髙地優吾さんの息のあった掛け合いがネットで話題に。また、第一話から謎に包まれた物語の内容も反響を呼びました。

■菊池風磨×髙地優吾の親友ぶりにファン歓喜!

脚本の執筆に専念するために、一年間住み込みで雑居ビル『バベル九朔』の管理人をすることとなった九朔満大(菊池風磨さん)。

そのビルの地下一階から四階には、スナックや雑貨屋、探偵事務所など一風変わったテナントが入っていて、人々は、和気あいあいと暮らしていました。

第一話となった今回は、九朔とその友人、後藤健(SixTONES・髙地優吾さん)が『バベル九朔』に引っ越してくるところから始まります。

脚本家を夢見る九朔と演出家の後藤は高校からの親友で、二人は五階の管理人室に住むことに。

ジャニーズJr.時代に同じグループだった時期のある菊池さんと髙地さんは、その時の経験をドラマの役柄で発揮します。

蔦(つた)の絡まるビルを見上げた九朔が思わず「ずいぶん年代物だよなぁ」とぼやくと、すかさず後藤が「アンティーーク?」とふざけた英語の発音で茶化し二人でニヤついてみたり、管理人が務まるか不安な九朔が「やべぇ...腹痛えかも...」と呟くと、後藤が「またかよぉ!」と突っ込んだりと、その雰囲気は高校からの親友そのもの。

二人のやりとりにネットでも「風磨くんと髙地くんの掛け合いが、友達感が出ていてとっても自然だった!」「二人ほんと昔からの男友達って感じでいい雰囲気」「菊池風磨×髙地優吾の画面はこれまで見たどんなものよりも尊い世界でした...」と大絶賛の嵐でした。

■深すぎて“まさに深夜ドラマ”と好評!

物語全てが『バベル九朔』内で行われる本作は、一話目から独特で不思議な世界観があり、ネットでは早くも様々な考察が飛び交っていました。

第一話の漢字の『舌』の部分が鍵のマークで表されていたり、次回予告の『回』の文字が階数を表す『階』で表現されていたりと、よく見ていないと見逃してしまうような細かな工夫も施されており、ネットでは「思った以上に深くてビックリ...」「初回は二回以降の壮大な予告編のようにも思える作り」「伏線がいっぱいばら撒かれてそうなので一生懸命見ないと」と、目の離せないストーリー展開に目を丸くした視聴者の声が。

また、少しホラー調な特撮なども組み込まれており「作りが凄い面白い。これは深夜にピッタリ」「CGの技術が凄すぎてびっくり」「30分なのが勿体ない!」と、見応えのあるボリュームたっぷりの内容に感銘を受けたという声も上がりました。

■主題歌『NOT FOUND』も鳥肌もの!?視聴者から「ゾクゾクした」の声

また、このドラマの主題歌はSexyZoneの19枚目のシングル「NOT FOUND」。

ドラマの不思議な世界観ともリンクするような、ロックテイストでミステリアスなナンバーに、ネットでは「NOT FOUNDかかった瞬間鳥肌たったよね??」「絶妙にマッチしていてゾクゾクした」「いやこれ中毒曲だわ」と、最後までドラマに翻弄されたという視聴者の声が上がりました。

菊池さんと髙地さんの本当の親友のような掛け合いを見ることができ、ジャニーズJr.時代からのファンにとっては、神キャストのドラマだったようですね。

これからの物語の予測不能な展開にも、目が離せない視聴者も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
バベル九朔
https://tver.jp/corner/f0059477

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.