『バベル九朔』は意外と泣ける?視聴者を感動させたSexy zone菊池風磨のセリフ…

更新日:

SexyZoneの菊池風磨さんが主演をつとめるテレビドラマ「バベル九朔」(日本テレビ系)。10月26日放送の第二話では、菊池さんと川上凛子さんの可愛らしいやりとりがネットで話題に。また、菊池さんから熱いセリフも飛び出し、このドラマが"意外に泣ける"と反響がありました。

■菊池風磨と少女の掛け合いが「めちゃめちゃかわいい」と反響

脚本の執筆に専念するために、一年間住み込みで雑居ビル『バベル九朔』の管理人をすることとなった九朔満大(菊池風磨さん)。

そのビルの地下一階から地上四階には、スナックや雑貨屋、探偵事務所などのテナントが入っており、一風変わった家主達が和気あいあいと暮らしていました。

前回の放送でビルの屋上から転落してしまった九朔。無事生還したのも束の間、再び"バベル"の不可思議な世界に足を踏み入れます。

予測不能な"バベル"の世界に不安を隠せない九朔は、何をするにも恐る恐るでした。"バベル"でしか出会うことのできない白い服の少女(川上凛子さん)にさえもビクビクしてしまいます。

そんな九朔を見かねた少女は「ちょっと落ち着いて?」と諭したり、この世界の仕組みを図に書いてわかりやすく説明したりします。

また、"バベル"での禁止ワードを口にしようとした九朔の口を少女が手で塞いで言葉を遮るシーンも。

この二人のやりとりにネットでは「少女に諭される風磨www」「少女と満大のやりとり好き」「真っ白な満大くんと真っ白な少女めちゃめちゃかわいい〜」などの声が。シリアスなシーンにも関わらず癒された視聴者が多かったようです。

■『バベル九朔』は意外と泣ける?視聴者を感動させたSexy zone菊池風磨のセリフ…

今回は、雑居ビル「バベル九朔」の探偵事務所、ホークアイ・エージェンシーを構える四条(池田鉄洋さん)が"バベル"のターゲット。

探偵事務所を畳み、現実世界から"バベル"の世界に取り込まれそうになっている四条を救うために、九朔は現実世界で情報収集をします。

知り得た情報は受け入れ難い事実でしたが、四条の過去を知った九朔は、心を鬼にして四条に真実を伝えます。

娘である沙耶香(渡邉心結さん)に変装した怪物・くらましに、現実に戻って無駄な時間を過ごすのかと言いくるめられそうになる四条。

そんな四条に「無駄なんかじゃない。ホークアイ・エージェンシーは四条さんと沙耶香ちゃんの親子の絆の証なんです。そんな大切なものをなくしてしまって良いんですか」と、九朔は優しく語りかけます。

前半では腰の引けていた九朔の熱い言葉に、ネットでは「どうしよう。涙が止まらない」「泣かせるじゃねぇか九朔ーーー!」「え、バベルって泣けるお話しだったんだ。満大の言い方がすごい泣ける」と、不覚にも感動してしまったと言う視聴者の声が続々と上がりました。

■次階予告に早くも「来週めっちゃドキドキする」と期待の声

また、次階予告では九朔の同居人である後藤健(SixTONES・髙地優吾さん)との激しい言い争いのシーンが。

どうやら、第三話では後藤が"バベル"のターゲットとなるようです。

予告には九朔と後藤の取っ組み合いのシーンもあり、ネットでは「次回早くも後藤くん回!?!?」「満大と健の掛け合いヤバそうで楽しみ!!」「来週めっちゃドキドキする」と、早くも次の放送を待ち望む声が上がりました。

菊池さんと川上さんの可愛らしいやりとりにほっこりしたり、思わぬところで涙したりと、今週も目の離せない回となったようですね。

【番組情報】
バベル九朔
https://tver.jp/corner/f0059946

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.