『バベル九朔』衝撃的な展開にファンのメンタル限界!?菊池風磨と髙地優吾の喧嘩シーンに「やめて」の声も

更新日:

SexyZoneの菊池風磨さんが主演をつとめるテレビドラマ「バベル九朔」(日本テレビ系)。11月2日放送の第三話では、菊池さんとSixTONES・髙地優吾さんのリアルな喧嘩のシーンがネットで話題に。また、ドラマの衝撃的な展開についても反響がありました。

■菊池風磨と髙地優吾の喧嘩シーンに「やめて」の声も

脚本の執筆に専念するために、一年間住み込みで雑居ビル『バベル九朔』の管理人をすることとなった九朔満大(菊池風磨さん)。

そのビルの地下一階から地上四階には、スナックや雑貨屋、探偵事務所などのテナントが入っており、一風変わった家主達が和気あいあいと暮らしていました。

九朔は、高校からの親友で映画監督を目指す後藤健(SixTONES・髙地優吾さん)と一緒に、五階の管理人室に住んでいますが、今回二人はひょんなことから意見が食い違い、言い争いになってしまいます。

以前は後藤がメガホンを取り、九朔の書いた脚本で自主映画の制作もしていたほど、お互いを高め合う存在だった二人。

しかし、自分の脚本が『日本シナリオコンクール』で落選してしまったこともあり、九朔はその場の勢いに任せて「俺以外の脚本家探した方がいいよ」と、新しいパートナーを探すよう後藤に告げます。

傷心の九朔を励ますため「満大、その冗談全然面白くねぇぞ。大丈夫だよ、お前ならもっといいの書けるよ!」と声をかける後藤ですが、自暴自棄になった九朔は後藤に苛立ちをぶつけてしまいます。

ネットでは「風磨と髙地が喧嘩してる」「喧嘩...やめて...」「イライラしてる演技普通に怖いよお」と、菊池さんと髙地さんが本当に喧嘩をしているかのような緊迫した場面に、息を飲んだという視聴者の声が上がっていました。

■『バベル九朔』衝撃的な展開にファンのメンタル限界!?

九朔との言い争いの後、後藤は自分の夢をも諦めかけ、"バベル"の世界に誘われてターゲットとなってしまいます。そこには後藤が望む理想の世界が広がっており、様々な誘惑で後藤を"バベル"の世界に引き込もうとします。

何とか後藤を現実世界に連れ戻そうとする九朔ですが、後藤との言い争いもヒートアップし、この後衝撃的な展開が。

ネットでは「思ったより心えぐられる展開だった...」「しばらく立ち直れんやつ...」「こーち担メンタル限界です」と、後藤の身に起こったリアルすぎる特撮のシーンに、ショックを受ける髙地さんのファンの声が多く上がっていました。

■贅沢な衣装チェンジにファン「聞いてない」と大興奮!

また、今回の放送では、冒頭で袴姿の九朔が殺陣を行なうシーンや、包丁を持って料理をするシーン、さらに制服姿の九朔と後藤の高校時代の回想シーンと、様々な衣装チェンジが。

予想だにしなかった贅沢な演出に、ネットでは「着物!?袴!?え!?」「料理姿もさいこーー!!!」「待っって、制服着るとは聞いてない」「ふまゆご制服かっこよ」と、菊池さん、髙地さんファンの大興奮したという声が続出していました。

喧嘩の場面では息を飲んだり、目まぐるしい衣装チェンジには心踊らせたりと、ファンは色々な意味でドキドキしっぱなしの時間だったようですね。

【番組情報】
バベル九朔
https://tver.jp/corner/f0060388

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.