関ジャニ∞安田「僕らは褒め称え合ってた」17年前、東京で爪痕残した村上に「ようやった!」

更新日:

1月14日放送の「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)で、関ジャニ∞メンバーの過去の映像を公開。東京の番組で必死に爪痕をの残そうと頑張る村上信五さんの姿など、関ジャニ∞の若かりし頃の映像が話題になりました。

■安田「僕らは褒め称え合ってた」17年前、東京で爪痕残した村上に「ようやった!」

今回番組では、テレビ東京55周年を記念し、同局の過去の映像を振り返ります。

様々な芸能人の若かりし頃の映像を見た後、関ジャニ∞のメンバーの貴重な過去の姿も映し出されました。

まずは、17年前、関西ジャニーズJr.だった頃の村上信五さんの映像。

当時20歳だった村上さんは、「Ya-Ya-yah」(2003年~2007年放送)に出演。

東京の番組に出演ということで、浮き立った若かりし村上さんは、登場するなり元気に飛び跳ねピースを連発でするなど、いきなりハイテンションな様子をカメラに向かって猛アピール。

そして、村上さんが「こんにちは!大阪から来たムラカミーゴです!」と挨拶し、「チェケラッチョ!」と謎のラップを披露。

そこには、関西ジャニーズJr.として何とか番組に爪痕を残そうと必死に頑張る村上さんの姿がありました。

当時の映像を見た村上さんが、「東京で番組やるなんて、我々大阪の人間からしたら、もうほぼ一個のゴールでしたからね」とコメント。

すると、安田章大さんが「あの当時、僕たちが村上さんのムラカミーゴを見て『よし! 村上ようやった! 爪痕のこしてきたな』と僕らは褒め称え合ってた」と、当時の仲間内の心境を明かしました。

■時代劇に奮闘する丸山に美輪「顔は綺麗だったわよ」

次は、15年前に丸山隆平さんが出演した時代劇ドラマ「新春ワイド時代劇
『国盗り物語』」(2005年)の映像が。

そこには、時代劇という慣れない設定のセリフに奮闘する丸山さんの姿がありました。

一生懸命セリフを言う丸山さんは、若干噛んで話しているため、聞いている側は何を言っているのかが分かりません。

そんな丸山さんの初々しい姿の映像にスタジオは爆笑となります。

そして、美輪明宏さんが「顔は綺麗だったわよ。セリフは何言ってるのか分かんなかった」と率直な感想を述べ、スタジオは更に大爆笑となりました。

■「自転車少年記」で丸山と安田がダブル主演!

最後は、14年前に放送された安田さん出演のドラマ「自転車少年記」(2006年)の映像を振り返ります。

当時22歳の安田さんは、茶髪にロン毛という正統派なアイドルの雰囲気。そんな安田さんは、そのルックスの良さから関ジャニ∞の王子様的ポジションにいたのだそう。

「自転車少年記」では、丸山さんも出演していて、今では考えられない安田さんとのダブル主演だった事が判明。

そして、2人がたどたどしいセリフで掛け合うシーンも登場。

懐かしい映像を見ていた丸山さんは、思わず手で口を抑え、恥ずかしそうにしていました。

ネットでは「ムラカミーゴ見て褒め称える関ジャニ∞可愛い」「時代劇の丸山くん美しかった。美輪さんと共感できるわ(笑)」「こうやってずっと頑張ってきたんだよね」などの声が上がっていました。

今回番組が公開した、過去の関ジャニ∞の貴重な映像を見て、微笑ましく思った方も多かったのではないでしょうか。過去の関ジャニ∞の映像をもっと発掘してほしいですね。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.