嵐、 #Mステ で新曲披露!さらに『ハッシュフラッグ』出現にネット騒然…ファン「ありがとう」

更新日:

7月24日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)3時間スペシャルでは、嵐が新曲「IN THE SUMMER」と「カイト」の2曲を披露しました。また、新曲のリリースに合わせて、Twitterでは嵐マークの"ハッシュフラッグ"が提供され、大きな話題となりました。

■嵐、Mステで新曲「IN THE SUMMER」を初披露!


昨年12月の出演から約8か月ぶり、今年初めての「Mステ」出演となった嵐。

久しぶりのスタジオでの新曲披露とあって、やや緊張がちに見えるメンバーですが、そんな中で大野智さんは「久しぶりにタモリさんに会えてもう満足です」とスタジオを和ませました。

まずは、この日リリースされたばかりのデジタル・シングル「IN THE SUMMER」を初パフォーマンス。

この曲は、レディー・ガガさんやアリアナ・グランデさんなど、有名アーティストの楽曲を手掛けてきたラミ・ヤコブさんが書き下ろしたもの。

ほどよいテンポに優しいメロディー、5人が歌う英語中心の歌詞がうまく馴染み、ネットでは「心地よい」「オシャレな曲」など上々の評判。

また、ゆったりした曲調ながらも、間奏部分では5色の照明に包まれた5人がメリハリの利いたダンスをたっぷり披露。

この日に解禁されたばかりのMVでは、与論島の美しい海で穏やかに戯れる5人の姿に癒されたファンが多く、「急のダンスタイム聞いてないよ???」「あんなに踊ってくれると思わなかった」と、意表を突いた演出に驚きと喜びの声が。

「爽やかだけれど、熱を感じた」「カラフルな照明当てられて踊る嵐、もはや絵画というか芸術」など、ますます心を掴まれた人も多かったようです。

■オーケストラで歌う「カイト」に感動

次に、来週7月29日に発売される新曲「カイト」を披露。

米津玄師さん作詞作曲の、嵐らしい優しく温かい楽曲をオーケストラの伴奏のもと、歌唱しました。

ファンからは、「今不安な人達の気持ちをそっと優しく包んでくれるようなカイトだった」と、心に響く歌声に感動したというコメントが。

タイプの違う2曲を披露した嵐ですが、「同じ人たちとは思えない、全く違うけどどちらも大好きな嵐だった」「2曲ともほんとに最高でした。久しぶりにタモさんと嵐の共演も見られて嬉しかった」など、それぞれの曲で嵐の良さをしっかりと表現し、ファンを満足させたようです。

■『ハッシュフラッグ』出現にネット騒然…ファン「ありがとう」

この日の朝、「IN THE SUMMER」のリリースにあたって、Twitterでの"ある仕掛け"が大きな話題となりました。

嵐の公式アカウントが投稿した「#INTHESUMMER」などのハッシュタグの末尾に、ファンにお馴染みの"嵐マーク"と呼ばれる絵文字が表示されるようになったのです。

これは、ハッシュフラッグと呼ばれるもの。
特定のハッシュタグを付けてツイートすると、送信した後にそのハッシュタグの末尾に特定の絵文字が表示される機能で、Twitterでの広告戦略のひとつです。

今回は、「#嵐」「#ARASHI」「#嵐2020」には"大きな嵐マーク"、「#ARASHISUMMER」「#INTHESUMMER」には"ヤシの木と小さな嵐マーク"の2種類が表示されています。

ハッシュフラッグの表示には、高額な費用がかかるとされており、「さすが嵐様」「ほんとに嵐さんはおしゃれなことをしてくれますね!!」などファンは感激。嵐マークを表示させようと、Twitterには該当のハッシュタグが溢れました。

さらに、この絵文字を指で長押しすると動かせるようで、「公式さんからのプレゼントのハッシュフラッグ、ありがとう」と、新たな方法でファンを楽しませてくれる嵐に感謝のコメントが寄せられました。

この機能は期間限定のものが多く、その期間が過ぎると絵文字は見られなくなるので、今のうちにたくさん使って楽しみたいファンが多いのではないでしょうか。

(文:アイドル担当ライター このはな)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.