福山雅治、学生時代モテモテ過ぎて学校で出待ちは当たり前!「え…ないの?普通ないの?」

投稿日:2022/11/20 18:24 更新日:

毎週土曜日の深夜0時から放送されているラジオ番組「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」(interfmほか)。11月19日の放送では、福山さんの学生時代の“モテ伝説”が注目を集めました。

福山雅治

(画像:EPA=時事)

■学校の校門前で女の子3人に出待ちされた福山雅治「ありすぎてどれのことかわからない」

番組には、福山さんの地元出身のリスナーから、知人のエピソードが紹介されます。

その知人の方が中学生の頃、近所のお姉さんから「カッコよか人がおるけん。一緒に見に行かん?」と誘われそうです。

女の子3人で校門の前に向かい、「カッコよか人」を待ち伏せすると、出てきたその人物が福山さんだったんだとか。

「今でもハッキリと覚えていて、めちゃくちゃカッコよかった」と話しているらしく、福山さんにそのことを覚えているか伝えたそうです。

福山さんは「覚えているかって?」と前置きした後、「ありすぎてどれのことかわからない」と明かしました。

■福山雅治、学生時代モテモテ過ぎて学校で出待ちは当たり前!「え…ないの?普通ないの?」

福山さんの“モテ自慢”を聞いた荘口彰久アナウンサーは、「はいはいはい」と話し、校門で待ち伏せされたことなど1度もないことを伝えます。

すると、福山さんは「え、ないの? 普通ないの?」と驚いたリアクションを見せました。

「普通の人はないし、歩いてても急に女性から声かけたりとかないですよ」と返した荘口アナウンサーは、「来ても、何かのアンケートとかですよ」と続けます。

「どういう人生を歩んできたの?」と問いかけてくる福山さんに、「何もない人生を歩んできましたよ」と返答する荘口アナウンサー。

福山が「冗談よ」と切り出すと、荘口アナウンサーも「そうそう、これ、ごめんなさい。全国の皆さん、福山さんのラジオを今日初めて聴いた人、冗談ですよ」と明かします。

続けて、福山さんは「COCONUTS編集部の皆さん、これ冗談ですよ」と注意喚起をしました。

■学生時代からモテモテの福山雅治、出待ちされるのは昔からだった?「行くところ行くところに…」

荘口アナウンサーは、「でも覚えてはないと。まぁ昔の話ですからね」と、話を本題へ戻します。

福山さんは「ちょっとまぁすいません」とリスナーに謝りつつ、「他にもバス停で待ち伏せしていただいたり。『していただいたり』ってなんか変だけど。どのことだかはちょっとわかりませんけど、まぁ行くところ行くところに女性がいましたね」と当時を振り返りました。

「大変だな、本当に。昔から気が休まらないですね」と荘口アナウンサーに伝えられると、「行くところ行くところに何かこう、待ってては下さってましたね」と明かしています。

ネット上では、「芸能人になる前から"出待ち福山現象"はあった」といったコメントだけでなく、「確かにボーッとできない…」と荘口アナウンサーの発言に共感する声、「行くところ行くところに女性がいた笑笑笑笑」と福山さんのトークを面白がる声などが多数見られました。

学生時代の“モテ伝説”は流石福山さんといった感じでしたね。

「ないの?」と言われた際の荘口アナウンサーのリアクションも非常に面白かったですね。

【番組情報】
地底人ラジオ
https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20221120000000

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.