ブーブークッションの巨匠・堂本剛、恋人の不意な屁は「無言で抱きしめる」熱く語る

投稿日:2022/11/14 16:31 更新日:

11月13日に放送された「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)には、KinKi Kidsの堂本剛さんが出演。普段はなかなか聞くことのできない恋愛トークを披露する場面などがあり、ファンの間で話題になりました。

堂本剛

■堂本剛の“有難い話”に山里亮太「堂本医院から先生がきた」

今回の番組では、何度もアラームのスヌーズを鳴らす恋人についての話題に。田中みな実さんは、一度で起きない人は「浮気されるのと同じくらい嫌」と言って、共演者を驚かせていました。

今回、田中さんに「嫌じゃないですか?」と聞かれると、堂本剛さんは「僕は大丈夫」とニッコリ。すぐに起きられない理由は「生活面の問題がある」「食べ物とか運動とかで改善できるはず」と指摘し、一緒に改善すべきと言います。

すると、山里亮太さんは「堂本医院から先生がきた」と剛さんの真っ当な見解に驚愕するのでした。

そして、毎日なかなか起きられない恋人だったとしても「スゴイ好きな人と寝てたら関係ない」と明かした剛さん。田中さんが「毎日?」「毎日?」と何度も疑いの目を向けると、剛さんは「それも含めて好きになるかな~」とコメント。このやりとりに、山里さんは「(田中さんは)本当の愛を知らない」と結論付けるのでした。

■堂本剛「そもそもこういう人とは付き合わない」恋愛対象外のタイプを告白

寝起きに関しては寛容な剛さんですが、ペットボトルをきちんと分別できない人が紹介されると「そもそもこういう人とは付き合わない」とバッサリ。最低限のマナーを守れない人に関しては「ここが気づけないと未来が想像できない」とコメント。

「自分が出来ることをその瞬間に行えば、ちょっとは世の中が良い方向に進むだろう」との考えも明かし、田中さんらも共感していました。

■ブーブークッションの巨匠・堂本剛、恋人の不意な屁は「無言で抱きしめる」熱く語る

一方で“オナラ”という生理現象については「(オナラの音は)どんなんでもいいです。出るもん」と寛大な心を見せます。

さらに、VTRで紹介されたのは、「プッ」と可愛らしい音だったため「メール受信したのかな?」と独特の表現をする剛さん。

また、普段オナラをしなさそうな恋人がしてしまった場合「無言で抱きしめる」と言います。山里さんは「逆に重くない?」と、抱きしめられるほど「そこまでショックを受けてないです」と感じるのではないかと推察。

すると、剛さんは「今後僕の前で屁をこきたくなったときは全然こいていいけど、こきたくないんだという気持ちが強くなるんだったら、大丈夫!また抱きしめてあげるから」と敢えて“重い”コメントをして笑いを誘います。

山里さんは「剛……剛……。そんなに引っ張らないでこの話」と、アイドルがオナラの話をノリノリでしていることを制止するのでした。

■堂本剛のオナラトークにファン「ブーブー大好きだもんね」

剛さんの話に、ネット上では「不意に出たオナラならつよぴが抱きしめてくれんの???は???そ、それなら…!!!」「やっぱり剛君は優しい 相手を包み込む優しいさは素敵!『屁をこく』って普通に言ってるけど下品さを感じないのは何故だ?」「おならを話題を広めまくる剛くんに弱ってる山ちゃんわろたwww」などの声が上がっています。

実は、今年6月からLINEドネーションスタンプ「堂本剛×ENDRECHERIスタンプ」を販売した剛さん。このスタンプは「出すぎる屁は匂わない」や「人の屁ぇ見て我が屁ぇ直せ」などのコメントが添えられていて、オナラにまつわる種類が豊富なのも一つの特徴となっているのです。

さらに、ショート動画が楽しめる「LINE VOOM」では、ブーブークッションに座り「#自分にドッキリ」というハッシュタグをつけて投稿したこともありました。

そのため、剛さんのオナラトークにファンからは「オナラの話は…(笑)ブーブー大好きだもんね」「ブーブークッション量産してる 人が言うオナラ話は深いなぁ」「ブーブークッションの巨匠だからな……」などの声が。ファンの目には、剛さんがオナラで盛り上がる姿は珍しいことではなく、微笑ましい姿として映っていたようです。

人の気持ちや痛みに寄り添ってくれる剛さんですが、オナラの話題になるとつい熱く語ってしまう一面は少年のようですね。そんなギャップを楽しんだファンも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
あざとくて何が悪いの?
https://tver.jp/lp/episodes/ep8rs2obtq
(文:霧島みつき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.